カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケを盛り上げるコツとは!カラオケが10倍楽しめる方法!

カラオケは本来とても楽しいものです。楽しく歌うためのものです。

でも、「今日のカラオケはあまり楽しくなかったな…」ということはありませんか?
どんなにカラオケが好きでも、毎回楽しめる人は少ないでしょう。

「今日はカラオケを楽しもう!」と思っても上手くいかないことが多々あります。

そこで今回は、カラオケを盛り上げる方法についてご紹介していきたいと思います。
カラオケを盛り上げるためにはコツがあります。そのコツがわかれば、きっとカラオケが10倍楽しくなるはずです。

すぐに実践できる方法ばかりなので、参考にしていただけたら幸いです。

カラオケで盛り上がらない理由

カラオケで盛り上がらない理由

同じメンバーでカラオケに行っても盛り上がる日、盛り上がらない日があります。
同じ曲を歌っても盛り上がるときと盛り上がらないときがあります。

カラオケで盛り上げることができないのはどうしてなのでしょうか。
それは自分だけで楽しもうとしているからです。

以下は、カラオケで盛り上がらないNG行動と言えます。

歌いたい曲を選ぶ

カラオケを楽しむためには、好きな曲から選ぶと思います。
でも、自分が楽しめる曲が、他の人にとっても楽しめるとは限りません。

「好きな曲を歌っているのに楽しくない…」ときは、周りが盛り下がっているからかもしれません。自分が歌いたい曲よりも、みんなが楽しめる曲を選ぶことが大切です。

歌えない曲を選ぶ

サビがわかる程度の曲を選んでいませんか?
なんとなく歌えると思って選曲すると、音程やリズムがわからなくなり下手な歌い方になってしまいます。

カラオケは上手に歌えないと楽しくありません。不完全燃焼になってしまいます。
そのような下手な曲を聞く人も楽しくないでしょう。

カラオケで歌うときは、最低でもメロディがわかる曲を選びましょう。

マニアックな曲を選ぶ

知らない曲を歌われると、一緒に盛り上がることが難しいです。
マニアックなアニソン、洋楽、K-POPなどを歌うときには注意が必要です。

自分は大好きな曲であっても、周りの人は楽しめないかもしれません。

場が盛り下がってしまう可能性があるマニアックな曲は避けるのが無難でしょう。他の人の好みを考慮した選曲が大切です。

中途半端なモノマネをする

「カラオケで盛り上げるためにはモノマネが一番!」という人もいるでしょう。
確かにモノマネで歌うと盛り上がります。しかし、それは似ていることが前提です。さらに上手に歌えなければいけません。

中途半端なモノマネは、周りの人にとって迷惑と言えます。
好きなアーティストの中途半端なモノマネをされて嫌な人もいるかもしれません。「似てるね~」とお世辞を言わなくてはいけないと思う人もいるかもしれません。

モノマネをするなら完璧にしましょう。そうしないと自己満足になってしまう恐れがあります。中途半端になってしまうなら、モノマネは必要ありません。

1曲目の選曲が悪い

カラオケで1曲目からバラードを歌う人がいます。
しかし、1曲目からバラードを熱唱されてもどう盛り上がって良いかわからないものです。

カラオケでは1曲目がとても大切です。自分の好みを優先せずに、みんなが盛り上がれる曲でスタートするのが良いでしょう。

選曲が遅い

選曲にこだわりすぎて時間がかかってしまうことがあります。
でも、自分の番になっても曲が決まっていないと流れを止めてしまうことになります。せっかく盛り上がっていたのに盛り下がってしまうこともあります。

選曲にこだわることは大切ですが、時間をかけすぎるのはNGです。選曲はスムーズに、流れを止めないことが大切です。

他の人の歌を聞かない

自分が歌い終わると、すぐに次に歌う曲を選んでいませんか?
他の人の歌を聞かない人は、自分の歌も聞いてもらえません。

カラオケは自分の歌を聞いてもらうから楽しいのです。そのためには、他人の歌もしっかり聞く努力をしましょう。

カラオケを盛り上げるコツ

カラオケを盛り上げるコツ

カラオケで盛り上がらないNG行動について見てきました。
カラオケで盛り上げることができないのは、自分だけが楽しもうとしているからです。
自分が歌いたい曲を選んで、自分の都合で好きなように歌っているだけではカラオケを盛り上がることはできません。

1人でカラオケに行くときや、友達と2人でカラオケに行くときは、自分中心な楽しみ方で良いでしょう。しかし、大人数でカラオケに行くときは、周りの人との関係性がとても重要になるのです。

自分が楽しむことは、もちろん大切です。
ただし、自分だけで楽しもうとするのではなく、全員が楽しくなる方法を考えることがもっと大切なのです。1人1人が楽しむことで、盛り上がるカラオケになるでしょう。

カラオケで盛り上がらない理由を踏まえた上で、カラオケで盛り上がるコツを考えていきたいと思います。
そのコツとは「盛り上げる曲の選び方」「盛り上げる気遣い方」です。詳しく見ていきましょう。

盛り上げる曲の選び方

カラオケでは何となく好きな曲、歌いたい曲を選ぶと思います。でも、適当な選曲では盛り上がるカラオケにすることはできません。

盛り上げるための選曲をしていくことが、みんなで楽しめるコツです。

1曲目はノリの良い曲

カラオケでは1曲目が肝心です。
でも、みんな1曲目は歌いたがらないことが多いでしょう。

そんな時は率先して1曲目を歌いましょう。
選ぶ曲はノリが良い曲です。バラードやスローテンポの曲はNG。思い切り盛り上がれる曲を選びます。

1曲目が盛り上がると、2曲目以降も引き続き盛り上がることができます。
次の人が気持ち良く歌うためにも、1曲目を盛り上げるように頑張りましょう。
以下のような曲は1曲目にピッタリの盛り上がる曲です。

「小さな恋のうた」MONGOL800

1曲目は喉が慣れていないので上手く歌えないことがあります。
この曲は音程の高低が少ないので比較的歌いやすいのでおすすめ。

盛り上がることができて、ウォーミングアップにもなるでしょう

「じょいふる」いきものがかり

間違いなく盛り上がる曲です。1曲目から全員でジャンプして盛り上がることができれば、その日のカラオケは大いに盛り上がるでしょう。

「Lemon」米津玄師

誰でもしっている曲なので、全員で盛り上がることができます。
歌いやすく盛り上げやすい曲です。

メンバーに合わせた曲

「こないだはこの曲がすごく盛り上がったのに、今日は全然盛り上がらない…」ということがあります。カラオケに行くメンバーによって、盛り上がる曲、盛り上がらない曲があるのです。

アニソン好きが集まれば当然アニソンが盛り上がります。

しかし、全くアニソンに興味のないメンバーとカラオケに行ったときにアニソンを歌っても、誰も聞いてくれないでしょう。興味を持ってもらえないと、歌いながらどんどん自信がなくなってしまいます。聞いている人も、興味がある曲を歌ってもらったほうが断然楽しむことができるでしょう。

カラオケに行くメンバーを考えて、興味を持たれる曲を選ぶようにしましょう。

全員参加できる曲

盛り上がったときのカラオケを思い出してみてください。
全員が楽しんで盛り上がっていたと思います。

カラオケは全員で楽しむものです。気持ち良く歌っていても、つまらなそうにしている人が1人でもいると盛り上がりに欠けてしまいます。

そんな人をなくし、全員で盛り上がるためには、全員が参加できる曲を選ぶのが◎です。
世代ごとのメドレーは間違いなく全員が参加できるのでおすすめです。

また、誰でも知っている定番曲を選ぶのも良いでしょう。音程の上下が少なく、歌いやすい曲だとさらに良いです。

以下のような定番曲だと全員が参加して盛り上がることができます。

「LOVEマシーン」モーニング娘。

サビの「Wow、Wow、Wow、Wow」の部分は、みんなが盛り上がることができるでしょう。ダンスも掛け声も手拍子もしやすい曲なのでおすすめです。

「恋するフォーチュンクッキー」AKB48

カラオケの定番曲です。女性だけでなく男性も楽しく歌うことができます。
本人映像を流して、一緒に踊って盛り上がりましょう。

「R.Y.U.S.E.I.」三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

みんなで「ランニングマン」のダンスを踊れば盛り上がること間違いありません。
1曲目としてもラスト曲としてもおすすめです。

世代ごとの曲

カラオケで歌うときは、どうしても自分の世代に合わせた選曲になりがちです。

同じ世代の人だけのカラオケならそれで問題ありませんが、幅広い年齢層のカラオケの場合はNG。自分より上の世代、下の世代の曲ばかり続くと、ついていけずに盛り上がれません。そんな人がいないように、自分の世代以外の曲も選曲していきましょう。

合いの手が入れやすい曲

一体感が生まれる曲は間違いなく盛り上がります。
そのために効果的なの合いの手です。

でも、どんな曲でも合いの手ができるわけではありません。合いの手が難しい曲だと、タイミングがずれてしまいかえって盛り下がることも。

盛り上がるためには、掛け声しやすい曲を厳選しましょう。
少し古い曲ではありますが、以下の曲は掛け声がしやすいのでおすすめです。

「勝手にシンドバッド」サザンオールスターズ

平成最後の紅白歌合戦で熱唱した名曲。
「今何時?」「そうねだいたいね~」の部分は、合いの手がバッリチ入れられます。

「DESIRE」中森明菜

合いの手と言えばこの曲でしょう。
「は~どっこい!」をはじめ色々なバージョンの合いの手を楽しむことができます。

みんなが知っているネタ曲

カラオケで盛り上がるためにはネタ曲がおすすめです。
ネタ曲はセンスが問われるので難易度は高いです。でも、上手くいけば大いに盛り上がるでしょう。

ネタ曲の選曲ポイントは、できるだけみんなが知っている曲にすることです。マニアックなネタ曲より、わかりやすいネタ曲が成功しやすいでしょう。

以下のようなネタ曲なら、認知度が高いのでおすすめです。

「みかんのうた」SEX MACHINEGUNS

ヘヴィメタルバンドのSEX MACHINEGUNSが、地元・愛媛のみかんへの愛を歌った曲。SEX MACHINEGUNSの代表曲なので知っている人が多いでしょう。笑える歌詞をメタル調で叫ぶところが、非常に笑えます。
面白く、そしてかっこよく歌い上げることができるおすすめ曲です。

「令和」ゴールデンボンバー

令和の誕生とともに発表された話題曲です。「れいわ!」のフレーズはみんなで歌うことができるので一体感が生まれるでしょう。

「俺ら東京さ行ぐだ」吉幾三

日本ラップのパイオニア的存在の曲です。1984年に発表された曲ですが、今聞いても笑えるセンスの良い歌詞です。ラップ的でありながら比較的簡単に歌えるので、歌に自信がない人にも歌いこなせるでしょう。幅広い年齢層にうけるネタ曲です。

流れを考えた選曲

カラオケでは流れが重要です。
アニソンが数曲続いて盛り上がっているときに、急にバラードを歌ったら盛り下がってしまうでしょう。

アニソンが盛り上がっているうちは、アニソンを歌い続けることでどんどん盛り上がります。
逆に同じジャンルの曲に飽きてきて盛り下がってくることもあります。そんな時は、ガラリと違うジャンルの曲を歌って流れを変えるのも効果的です。

盛り上がる気遣い方

盛り上がる選曲ができても、盛り上がるカラオケになるとは限りません。
本当に盛り上がるカラオケにするためには、歌以外の部分で盛り上がるための気遣いが必要なのです。

手拍子と掛け声をする

シンプルながら盛り上がるのが手拍子と掛け声です。
自分が歌っているとき、手拍子や掛け声をしてもらうと気持ち良く歌えるものです。

みんなが気持ち良く歌えるように、他の人が歌っているときには手拍子や掛け声をして盛り上げましょう。

楽器を使う

タンバリンやマラカスは大いに活用しましょう。カラオケが盛り上がる必須アイテムです。
楽器ができない人や、リズム感に自信がない人でも簡単に使いこなすことができるのが魅力です。

歌が下手な人でも、タンバリンの音があると上手に聞こえることもあります。
但し、バラードやスローテンポの曲をしっとり歌っている時にタンバリンやマラカスを使うと、歌の邪魔になってしまいます。邪魔にならない程度に盛り上がるのが大切です。

全体を見る

盛り上がるカラオケにしたいなら、全体を見る必要があります。
どんなに楽しくてはしゃいでいても、冷静に全体を見ることが大切なのです。

誰も歌っている人を見ていなかったら、積極的に歌っている人を盛り上がるようにしましょう。
選曲に困っている人がいたら、その人が得意そうな曲をリクエストするのも良いでしょう。

ドリンクが足りなくなっていたら、ドリンクオーダーをするのも大切です。
周りに気遣うことで疲れるかもしれませんが、その努力のおかげで盛り上がるカラオケになります。そして結果的に自分も楽しむことができるでしょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回はカラオケを盛り上げるためのコツについてご紹介してきました。

  • 歌いたい曲を選ぶ
  • 歌えない曲を選ぶ
  • マニアックな曲を選ぶ
  • 中途半端なモノマネをする
  • 曲目の選曲が悪い
  • 選曲が遅い
  • 他人の歌を聞かない

このようなNG行動をしているとカラオケを盛り上げることができません。

「盛り上げるための選曲」「盛り上げるための気遣い」をすることがカラオケを盛り上げるコツです。簡単な方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。