カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケ下手な女性と上手い女性の違い!女性のカラオケ上達のコツ!

カラオケが上手い女性はとても素敵です。普段あまり目立たない女性でも、カラオケが上手いと一気に女子力がアップします。逆にきれいな女性でもカラオケが下手だとガッカリしてしまうものです。
それでは、カラオケ下手な女性と上手い女性の違いはどこにあるのでしょうか。その違いがわかれば、きっとカラオケが上達するはずです。
そこで今回は、カラオケ下手な女性とカラオケが上手い女性の特徴をご説明しながら、カラオケ上達のコツを考えていきたいと思います。
カラオケで上手に歌いたい!好きな男性に可愛いと思われたい!などという方はぜひ参考にしてみてください。

カラオケが下手な女性の特徴

カラオケが下手な女性の特徴

カラオケが下手だと思っていても、何が悪いのかわからない…という方が多いと思います。カラオケが下手な女性のタイプは色々ありますが、以下の3つのことが共通していると言えます。

歌うことを恥ずかしがっている

カラオケが下手な女性に多いタイプが、恥ずかしがっていて本来の歌声が出せていないということです。
歌うことに限らず人前に立つことが苦手、人前で話しをすると緊張してしまうという女性は、カラオケでも上手に歌えないことが多いです。
「人前で歌うことに緊張してしまう」「歌に自信がない」という理由から恥ずかしがってしまうのです。
恥ずかしそうに歌っていると、音程やリズムが合っていても下手に聞こえてしまいます。

声が小さい

声が小さいこともカラオケが下手な女性の共通点と言えます。
普段から声が小さい女性は、カラオケでも声が小さくなってしまうことが多いでしょう。
声が小さいと滑舌も良くないので上手く聞き取れません。ボソボソと歌っているようになるので下手に聞こえてしまうのです。
せっかく盛り上がるサビの部分も声量が少ないと迫力に欠けてしまいます。

選曲が合っていない

カラオケが下手な女性の特徴として選曲が悪いということが挙げられます。難しい歌を選んでしまったり、自分の声のトーンに合っていない曲を選んでしまうのです。
自分に合っていない曲を選んでしまうと、低い声が出せずにかすれてしまったり、高い声を無理やり出して聞き苦しい声になったりしてしまいます。
また、自分のキャラに合っていない曲を選ぶ女性も下手に聞こえてしまいます。可愛い系の女の子がハードロックの曲を歌ってもあまりウケは良くないでしょう。

カラオケが上手な女性の特徴

カラオケが上手な女性の特徴

次にカラオケが上手な女性の特徴を見ていきましょう。「歌が上手い女性だな~」と思う女性にはいくつか共通点があるのです。

音程とリズムが正確

これは歌が上手い男性にも言えることですが、歌が上手い人は基本的に音程とリズムが正確です。特にリズム感の良い女性は可愛らしく見えます。アップテンポの可愛らしい曲を上手に歌い上げる女性は、男性ウケが良いでしょう。
リズム感の良い人は、表拍子だけでなく、裏表紙を刻むのが上手いのです。だから聞いている周りの人も体を動かしたくなるような気持ちになるのです。

堂々と歌っている

カラオケが下手な女性は歌うこと自体に恥ずかしがっていることが多いですが、逆に堂々と歌っている女性は歌が上手に聞こえます。
歌が上手な女性は、堂々とのびやかな声が出せるのが特徴です。
豊かな表現力、ビブラートやロングトーンなどのテクニックもあるので堂々と自信を持って歌えるのです。

歌いやすい曲を選んでいる

カラオケが上手い女性は自分に合った歌いやすい曲を選んでいるから上手に聞こえるのです。
自分の声やトーンにあった曲、自分の得意な曲、そして自分のレベルに合った曲を選んでいることが共通しています。
本当に歌唱力があり難易度の高い歌を上手に歌える女性もいますが、あまり歌が上手ではなくても難易度の低い曲を選ぶことで、歌が上手いように聞こえていることもあるのです。

楽しく歌っている

明るい女性、元気な女性は男性からも女性からも好かれます。
カラオケは楽しいものです。少しくらい音程が合っていなくても楽しく歌う女性は素敵に見えます。
歌に自信がないと歌を楽しむ余裕がなく、つまらなそうに歌ってしまうでしょう。でも、自信を持って歌を楽しむ余裕があると、カラオケ上級者に見えるのです。

女性のカラオケ上達のコツは?

女性のカラオケ上達のコツは?

カラオケが下手な女性、上手な女性の特徴について見てきました。

カラオケが下手な女性の特徴は以下の3つです。

  • 「恥ずかしがっている」
  • 「声が小さい」
  • 「選曲が間違っている」

 

一方、カラオケが上手な女性の特徴は以下の4つです。

  • 「音程とリズムが正確」
  • 「堂々と歌っている」
  • 「歌いやすい曲を選んでいる」
  • 「楽しく歌っている」

このようなカラオケが下手な女性、カラオケが上手い女性の特徴を踏まえて、女性のカラオケ上達のコツを考えていきます。

緊張しないようにする

カラオケが下手な女性は歌のテクニックのあるなしに関わらず、緊張してしまうことが多いです。緊張することにより、音程が外れたり、リズムが合わなくなってしまいます。
車やお風呂で歌う時には上手に歌えるのにカラオケだと上手く歌えないという女性は、まず緊張しない努力からはじめましょう。
「そんなことを言われても緊張してしまう…」という方もいると思いますが、ちゃんと緊張しない解決策があります。

誰も自分の歌を聞いていないと思う

お風呂で歌うと緊張しないのにカラオケだと緊張する理由は、当たり前ですが周りに聞いている人がいるからです。しかもその人たちが自分の歌う姿に注目していると思うから緊張してしまいます。
でも、実際にはカラオケでそれほど周りの人はあなたの歌声に注目していないかもしれません。逆の立場で考えてみてください。カラオケで全て人の曲に注目しているわけではないと思います。
「誰も自分の歌を聞いていない」と思うことで緊張がほぐれてくるでしょう。

人を見ないようにして歌う

カラオケで歌っている時に、不自然に聞いている人と目が合ってしまうと気まずくなるものです。そしてどんどん緊張してしまい、上手に歌うどころではなくなってしまいます。
そこでおすすめの方法が、絶対人を見ないようにして歌うことです。「周りの人がどんな表情で聴いているかな…」と気になるところではありますが、敢えて人は見ずに歌ってみましょう。いつもの緊張がなくなるかもしれません。

深呼吸をして歌い出す

カラオケで一番緊張するのは歌い始めるときです。はじめの部分で声が出なかったり裏返ってしまうと焦ってしまい、さらに緊張するでしょう。
逆に、歌い出しの部分が上手くいくと緊張せずに歌っていくことができます。歌い出しを上手くするコツは、深呼吸をすることです。
子供の頃に「緊張したら深呼吸をしなさい」と言われた経験はみなさんあると思います。深呼吸をすると体がリラックスした状態になるので緊張が和らぐのです。
たっぷり深呼吸してから歌い出すように心掛けてみてください。

すごく簡単な歌を選ぶ

難しい歌を歌うと「上手に歌えるかしら…」と緊張してしまいます。
そんな緊張を防ぐためには、とにかくすごく簡単な歌を選ぶことです。メロディやテンポが複雑ではない曲、自分が絶対に間違えずに歌える歌を選ぶことで、無駄な緊張を防いでいきましょう。

このようなコツを心掛けることでカラオケでも緊張せずに歌うことができるようになります。そして本当の実力を発揮することができるでしょう。

上手に聞こえるコツをつかむ

緊張の問題が解決することができたら、次のステップです。
聴いている人に「上手だな」と思われるように、上手に聞こえる歌い方のコツをつかむことです。
以下のポイントをおさえることで、今よりずっと上手に聞こえるようになるでしょう。

声を大きくする

声が小さいと上手な歌に聞こえません。
のびのある声、堂々とした大きな声が、歌が上手い人の特徴です。
声を大きくすることで、歌が上手な女性になれるでしょう。
そのためのコツは「腹式発声」と「ボリューム調整」です。

「複式発声」とは、お腹から声を出すことです。ふだん私達は胸で声を出す胸式呼吸をしていますが、この呼吸法では大きな声はあまり出ません。
腹式発声をするためには「腹式呼吸」マスターする必要があります。
背筋を伸ばす、顎を引く、力まないということを意識して、お腹を膨らませるように息を吸い、お腹をへこませるようにして息を吐くのが腹式呼吸の基本です。
腹式発声がマスターできれば大きくのびやかな声を出すことができるでしょう。

もう一つおすすめの方法は、カラオケ機器のボリュームを調整することです。カラオケ機器には、全体の音量とマイクの音量を調節するつまみがついています。
マイクの音量を上げることで小さい声でも全体の音量に負けることがなくなります。声が小さいと自覚している方は、カラオケ機器の音量をうまく調整してみてください。

堂々と歌う

カラオケが上手い女性は堂々と歌っています。
何事も自信がある人は輝いて見えるものです。
たとえ少々音程が外れても自信を持っていれば大丈夫。
自信を持って堂々と歌うことに挑戦してみましょう。
「歌が下手なのに堂々と歌うことなんてできない…」という女性におすすめなのが、この部分だけは絶対に上手く歌えるという自信のある部分だけを堂々と歌うことです。
その部分だけを繰り返し練習しておくことで、自信を持って歌うことができます。部分的に自信を持って歌うことで、全体的に歌に抑揚をつけることもできるので歌が上手く聞こえるようになります。

楽しく歌う

歌が下手だと思われるポイントとして、音程やリズムの問題の前に「楽しそうに歌っていない」ということがあります。
楽しく歌うことで、自然と歌が上手く聞こえてくるのです。
「歌が下手だから恥ずかしい」という気持ちが先行してしまうと楽しく歌うことができません。そしてその楽しくなさそうな雰囲気はマイナスに見えてしまうのです。
歌が下手な人におすすめなのが、アップテンポの明るい曲です。少しくらい音程が外れてしまっても楽しく歌うことでカバーすることができます。

このような歌い方をすることで、今よりもっとカラオケが上手になるはずです。ボイストレーニングや練習をしなくても今すぐできる上達のコツばかりですので、ぜひ試してみてください。

選曲をよく考える

歌が上手い女性は選曲が上手いです。
自分に合った曲、その場に合った曲を選ぶことが、カラオケが上手い女性になるコツと言えます。

自分に合った曲を選ぶ

高い声が出にくいにもかかわらず、高音ばかり曲を選んでしまうと必ず失敗してしまいます。逆に高音をきれいに出せるのに、キーが低い男性アーティストの曲を選ぶのはもったいないです。
カラオケが上手い女性は、自分に合ったレベル、トーンの曲がわかっています。みんなの前で歌う時に、敢えて難しい曲に挑戦することはしません。自分のレベルに合った曲を選んで、上手に歌い上げるのです。
自分の声の音域に合わせた曲、自分が簡単に歌えるレベルの曲を選ぶことで、上手に歌うことができます。
何度も繰り返し歌ってみて、無理なく歌える曲を選曲しましょう。

その場に合った曲を選ぶ

仕事で取引先と行くカラオケの時に、女の子らしい可愛い曲を選んでも微妙な空気になるでしょう。
逆に好意を持っている男性と行くカラオケの時に、男性アーティストの曲ばかり歌っても自分の魅力をアピールすることができません。
この選曲の間違いはカラオケが下手な女性の特徴です。
カラオケが上手な女性になるためには、その場に合わせた選曲をすることが大切です。
仕事カラオケ用の曲、恋人カラオケ用の曲、女子会カラオケ用の曲など、その場に合わせた曲をいくつか準備しておくと良いでしょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

カラオケが上手い女性は可愛らしく見えたり、かっこよく見えたりします。歌が上手い女性は男性ウケがとても良いです。

でもカラオケが下手な女性がそんなカラオケ上手な女性になろうとしても、何をどう頑張って良いかわかりません。
今回は、カラオケが上手いと思われる女性になるために、女性のカラオケ上達法をご紹介してきました。
すぐに実践できる方法ばかりなのでおすすめです。ぜひ試してみてください。