カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

ネガティブ-下手 カラオケが上手くならない人の共通点とは?下手なやつ必見!

「いつまでもカラオケが上手くならない」と落ち込んでいませんか?
カラオケで下手なやつと思われるのは、本当に恥ずかしいですよね。

カラオケが上手くならないのはどうしてなのでしょうか。

今回はカラオケで歌が上手くならない人の共通点を考えてみたいと思います。カラオケが下手な共通点、さらにカラオケが下手な人の効率の悪い練習方法についても見ていきましょう。

これを知ることで、カラオケで下手なやつと思われない解決法が見えてくるかもしれません。
カラオケが下手で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

カラオケが上手くならない人の共通点

カラオケが上手くならない人の共通点

カラオケが上手くならない人は、いくつかの共通点があります。
以下の項目に当てはまる人は、下手のままでしょう。

  • 音程がずれている
  • リズムがずれている
  • 自信がない
  • 大声で歌う
  • 高音が出ていない
  • 選曲が間違っている

音程がずれている

歌が下手な定義は色々ありますが、一番は音程がずれていることです。音程が合わないと音痴、歌が下手なやつと思われるでしょう。

実は、音痴は2種類に分かれます。あなたはどちらのタイプか考えてみてください。

音程がずれていると気づいていない:感覚性音痴

カラオケで普通に上手く歌えていると思っていても、採点結果が悪いことがありませんか?もしくは、家族や友人から音程がずれていると指摘されたことがありませんか?

もしそうなら感覚性音痴です。
感覚性音痴とは、音程を正確に聞き取れていないため、正しい音程で歌うことができないタイプの音痴のことです。

例えば「ド」の音を聞いても「レ」に聞こえてしまうため、「レ」と発声してしまうのです。自分ではちゃんと「ド」を発声していると思っているので、音程のずれに気付くことができません。

感覚性音痴の人は、いくら上手に歌う練習をしても下手のままです。
聞く力を鍛えなければ、上手くならないでしょう。

音程がずれていると気づいている:運動性音痴

歌いやすいキーの部分は音程がずれないけれど、高いキーや低いキーなど出しにくい部分になると、音程がずれてしまうことはありませんか?

音程がずれていることはわかっていても、音程が合うようにコントロールすることができない人は、運動性音痴です。

感覚性音痴とは違い、音程を正しく聞き取ることはできていても、それを再現することができないのが運動性音痴になります。

楽に発声できる音程はずれないけれど、高い音程、低い音程は無理な発声をするため音程が合いにくくなるのが特徴です。

出しにくいキーでも音程がずれないように、正しい発声方法を練習することが大切です。

リズムがずれている

歌を上手く歌うために、音程の次に重要な要素はリズムです。

リズムは合っているのが当たり前です。リズムが全然合っていないのはもちろんダメですが、微妙に合っていないだけでも下手に聞こえます。

カラオケが上手くならない人の多くは、リズム感がないのです。以下のような共通点があるでしょう。

バラードのときリズムがずれる

バラードなど、スローテンポの曲はリズムが取りやすいと思うかもしれませんが、実は少しのずれも許されないので難しいです。

アップテンポの曲なら、リズムがずれても勢いでごまかすことができるでしょう。でもバラードのようにテンポがゆっくりの曲だと、ちょっとリズムがずれただけでも聞き苦しくなってしまうのです。

ほとんど全てリズムがずれている

ほとんど全てのフレーズのテンポがバラバラ…というカラオケ下手な人もいます。
リズムは、歌っている最中にずれに気付いても途中で修正しにくいからです

カラオケが下手な人は、出だしのリズムが上手く取れません。出だし部分で早すぎたり遅すぎたりすると、そのずれたままのテンポで最後まで歌ってしまうでしょう。

体の動きがぎこちない

歌は体全体を使うものです。
かっこよく歌える人は、体もかっこよく動かしています。

でも、リズム感がない人は体を使ってリズムを刻むことができないので、体の動きがぎこちなくなるのです。

歌のリズムが合っていないだけでもかっこ悪いのに、体の動きまでおかしいと、さらに下手なやつと見られるでしょう。

このように、カラオケでリズムがずれてしまう人は、基本的なリズム練習が必要です。
メトロノームなどを使いリズム感を鍛えましょう。

自信がない

カラオケが上手くならない人は、歌に自信がない人がほとんどです。

でも、自信がないといつまでたってカラオケ上手にはなれません。カラオケ下手から抜け出すことができないでしょう。

カラオケ行くのが億劫

「カラオケに行くのが億劫…」と感じているのが、カラオケ下手の人の共通点です。
カラオケを億劫に感じていると、実際に歌うときも嫌々ながら歌うでしょう。

それでは上手になるわけがありません。
歌に自信が持てるようになれず、カラオケ下手のままなのです。

人前で歌うと自信がなくなる

カラオケが上手くならない人の中には、歌が下手なのではなく、人前で歌うのが下手な人もいます。

お風呂や運転中など一人で歌っているときは上手に歌えていても、カラオケで人前に立つと自信がなくなり下手になってしまうのです。

声が小さい

よく聞くと上手く歌えているのに、自信なく小さい声であるために下手に聞こえる人もいます。
カラオケボックスは伴奏の音が大きいので、歌声が小さいとかき消されてしまうでしょう。

音程やリズムが合っていても、声が小さかったり震えていると下手な人に見られます。

このようにカラオケに自信がない人は、歌う練習よりも人前に立つ練習が必要です。
カラオケで自信を持って人前に立てる精神力を鍛えましょう。

カラオケを楽しむこと、カラオケに積極的になることも大切です。

大声で歌う

小さな声は上手く聞こえないとご説明しましたが、大声で歌うのも要注意です。
下手な人は、いわゆるジャイアンのように大声で歌う傾向があります。

シャウトする

特に男性に多いのが「シャウトすればかっこいい」という勘違いです。

プロの歌手のようにかっこよくシャウトするのは、実はとても難しいです。基本的な歌い方をマスターしている人にできるテクニックと言えるでしょう。

それほど歌が上手くないのに、喉を締めてただ叫ぶようなシャウトをしていると、下手に聞こえてしまいます。

全部大声で歌う

とにかく大声で歌うのも、カラオケが上手くならない人の典型と言えます。

歌を上手く聞かせるためには、抑揚が重要です。AメロBメロは静かに落ち着いて歌うと、サビの大声で盛り上げる部分が活きてくるのです。

大声で歌えば盛り上がると思って、全部大声で歌うと下手なままでしょう。

大声で歌う傾向がある人は、繊細な歌い方も取り入れていきましょう。
大きな声を活かすために、小さい声で歌う部分を増やすことが大切です。

高音がうまく出ていない

カラオケが上手い人は高音をきれいに出すことができます。
プロの歌手の場合も、男性も女性も高音がきれいに出せることが共通点です。

一方、歌が下手な人は、高音が出ていないことが共通しています。

歌が上手い人は、お腹から声を出すことができるのできれいな高音を出すことができますが、カラオケ下手な人は喉から声を出そうとしています。だから高音が出しにくいのです。

無理やり高音を出している

カラオケ下手な人は、無理やりでも高音が出せればOKと思っています。
だから、喉締め声やかすれ声で高音を無理やり出しているのです。

高音はなんとか出せれば良いわけではありません。きれいに出さなければ上手く聞こえません。無理やりの高音はかえって聞き苦しくなるため逆効果です。

サビが歌えていない

どの曲も盛り上がる部分で高音が出てきます。
その高音が出せないと、せっかくのサビの見せ場で上手く歌えないことになります。

Aメロ、Bメロはある程度上手く歌えていても、サビで失敗してしまうと全体的に歌が下手な人に見られるでしょう。

逆にサビの高音部分がバッチリ出せると、全体的に上手いイメージに変わります。

高音がうまく出ないなら、のびやかに高音を出せる練習をすること、無理なく高音が出せるようにキー調整することが必要です。

選曲が間違っている

カラオケが下手な人は、選曲が下手だからです。
人はそれぞれ出せる音の範囲が決まっています。その範囲以上の高い音、低い音がある曲だと上手く歌うことができません。

そんな音域が合わない曲を選んでいることが、カラオケ下手な人の共通点です。

男性が女性アーティストの曲を歌う

女性アーティストの曲を選びたがる男性がいますが、キーが高すぎて歌うのが難しくなります。歌が上手い男性でも、女性アーティストの高音を出すのは困難でしょう。

1オクターブ下の音程で歌う男性もいますが、それだと曲の雰囲気が変わってしまうため下手に聞こえるでしょう。

女性が男性アーティストの曲を選ぶ

逆に男性アーティストの曲を選ぶ女性も多いです。憧れの男性アーティストの曲を歌いたい気持ちは理解できますが、上手に歌えるかというとNOです。

高音以上に、音域以上の低音を出すのは難しいです。潰れたような汚い声になってしまうでしょう。

ここまで、カラオケが上手くならない人の共通点を見てきました。これを対策することでカラオケ下手から抜け出すことができるでしょう

カラオケが上手くならない人の練習方法

カラオケが上手くならない人の練習方法

カラオケが上手くならない人は、効率の悪い練習、間違った練習をしています。せっかく練習しても、下手のままなのです。

以下のようなカラオケ練習をしているなら、効率の良い練習方法に変えましょう。

高音の練習している

カラオケが下手な人は、とにかく高音が出せればかっこいいと思い込んでいることが多いです。
高音にコンプレックスを感じているため、無理やりでも高音の曲を練習しているのです。

正しいボイストレーニングをすれば、きれいな高音が出せるようになるでしょう。

でも闇雲に高音を出そうと練習しても聞き苦しい高音になってしまうだけです。喉を傷めてしまう恐れもあります。

それよりも、キー調整で歌いやすいキーに下げて練習したほうが上手く歌えるようになるでしょう。

かっこいい歌手の曲を練習している

「サザンやミスチルが歌えればカラオケ上手に見られるはず!」とかっこいい歌手の曲を練習しているカラオケ下手な人は多いです。

サザンやミスチルの曲を上手く歌い上げることができれば、確かにカラオケ上手と言えます。でも、サザンやミスチルなどの曲は音域が広いため、非常に難易度が高いのです。

カラオケ下手な人が歌うと、高音も低音も出しにくいため上手く歌うことは難しいでしょう。

かっこいい歌手の歌だからという理由で選曲して練習していてもなかなか上達しません。自分の音域に合った曲、音程差の少ない曲で練習すれば、もっと効率良く練習することができるでしょう。

難易度の低い曲で練習してカラオケの腕を磨いてから、サザンやミスチルのような難易度の高い曲に挑戦しましょう。

エコーで練習する

カラオケでは、ミュージック、マイク、エコーの調整ができます。

自分の声に自信がない人は、マイクの音量を下げて、エコーを上げて練習するでしょう。

エコーは声を響かせて上手に聞かせる効果があります。だから、下手な歌声をごまかせると思うからです。

みんなの前で歌を披露するときには、エコーでごまかすのもアリでしょう。

でも、練習のときのエコーは逆効果になります。自分の声が上手く聞き取れないので音程やリズムが合いにくくなります。これはとても効率の悪い練習方法です。

カラオケ練習のときには、エコーは切って歌うくらいがちょうど良いでしょう。

このような間違ったカラオケ練習方法だと、頑張って練習しても結果が出ません。いつまでたっても下手のままただと練習しても楽しくないので、カラオケが嫌いになるかもしれません。

カラオケ上手になるためには、効率の良い練習をしていきましょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回は、カラオケが上手くならない人の共通点について考えてきました。

カラオケが下手な人は、「音程がずれたまま」「リズムがずれたまま」「自信がない」「大声で歌っている」「選曲が間違っている」などの共通点があります。

カラオケが上手くならないのは、このような共通点に気付かずに間違った練習をしているからかもしれません。

これを解消するための効率の良い練習方法を見つけて、正しく練習していきましょう。
そうすれば、もうカラオケが下手なやつとは言われなくなるでしょう。