カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケ採点は何点が上手い点数?90点が上手さの基準か?

カラオケ採点で点数が高いと、歌が上手いと尊敬されます。逆に点数が低いと歌が下手な人のレッテルを貼られてしまうでしょう。

カラオケ採点をしていて、「歌が上手いはずなのに、カラオケ点数はなぜか低くなる」と思った経験はありませんか?「しょせん機械が採点するので、本当の歌の上手さを評価できないのでは?」と思っているかもしれません。
カラオケ採点の点数基準は、一体どんな仕組みなのか気になりませんか?

そこで今回は、カラオケが上手い人の点数基準を考えてみたいと思います。
実はこれを知ることが歌の上達につながるのです。
カラオケの点数と歌の上手さは比例しないと言われることがありますが、実際には違います。カラオケで高得点を取れる人は、本当に歌が上手い人です。

カラオケの上手い点数基準を知り、点数を上げるための練習することで、歌唱スキルがアップするでしょう。

「カラオケ点数」と「歌の上手さ」は比例するの?

「カラオケ点数」と「歌の上手さ」は比例するの?

歌が上手く聞こえる人にかぎってカラオケ点数が低かったり、下手な人が高得点を取ったりします。
カラオケ採点は機械が採点するものなので、人が採点するような正確さはないと思われがちです。

ところが、最近のカラオケ採点システムは非常に進化しています。
人が判断するように、歌の上手さをきちんと採点することができるのです。
それでは、歌が上手い人でも点数が低いのはどうしてなのでしょうか。

それは、自分ならではの歌い方をしていることが原因です。
カラオケ採点には機械が設定した音程やリズムがあり、その基準に合っていないと点数が下がってしまいます。

歌が上手い人は感情を込めて歌います。その感情を表現するために、タメやブレスなどのテクニックを使うのです。わざと音程を半音ずらして歌うこともあります。
聞いている人はこれらのテクニックを「上手い」と判断しますが、機械は「基準に合っていない」と判断して点数を下げてしまうのです。

歌が上手い人は高得点も取れる

そしてポイントは、このような自分ならではの歌い方ができる人は、それなりのテクニックを持っている上級者ということです。
音程やリズムをしっかり合わせることができた上で、感情や個性を出すために自分ならではの歌い方をしています。

そんな上級者は、感情や個性を出した為に点数が低くなることもありますが、点数を上げるための歌い方もできるのです。

つまり「カラオケ点数」と「歌の上手さ」は比例すると言えるのです。
カラオケ点数と歌の上手さは別物だからと、採点システムを活用しないのはもったいないです。
カラオケが上手い点数の基準を知り練習することで、歌唱スキルが上達するでしょう。

カラオケが上手い点数とは?

カラオケが上手い点数とは?

「カラオケ点数」と「歌の上手さ」は比例します。
それでは、カラオケ採点システムにおいて何点以上取れば「歌が上手い人」とされるのでしょうか。

カラオケ採点で「歌が上手い人」を目指すための目安を知っておきましょう。

平均点と比較する

DAMのカラオケ採点システム「精密採点DX-G」では、自分の得点の下に「全国平均」の点数が表示されます。

この平均点と比較することで「カラオケの上手い点数基準」を出せそうな気がします。
ところが、この全国平均はあまりあてにならないのです。
その理由は2つあります。

1つ目は「本当の平均点ではない」ということ

一般の人全てを対象にした平均点ではなく、あくまでもカラオケ採点システムを使った人達の平均点です。カラオケ採点システムを使う人は、普通の人よりも歌が上手い傾向にあります。

当に歌が下手な人は恥ずかしくて採点システムを使わないでしょう。そもそもカラオケに行かないかもしれません。

また、人気のある曲はたくさんの人が歌うので平均点が下がりやすいケースもあります。

2つ目は「歌の難易度によって変わる」ということ

音程が複雑な曲やアップテンポでリズムが取りにくい曲など、難易度が高い曲は平均点が低くなります。逆に難易度が低く歌いやすい曲だと平均点が高くなるでしょう。

このような理由から、平均点と比較して「カラオケの上手い点数基準」を出すのは難しいと言えます。

90点以上をボーダーラインとする

カラオケ採点の平均点はあまりあてになりません。だから平均点と比較して「カラオケの上手い点数基準」を出すことはできないでしょう。やはり「〇点以上」と具体的な点数のほうがわかりやすいです。

それでは、何点以上がボーダーラインになるのでしょうか。
DAMのカラオケ採点システム「精密採点DX-G」の場合、音程の正解率が90%以上になれば90点以上になる傾向にあります。

90点以上を目指すためには、音程90%以上が条件となるわけです。
音程90%は、ほぼパーフェクトに音程が取れていることになります。出しやすい音程だけでなく、高音や低音もずれることなく安定している必要があります。

音程で90%以上出せていれば、間違いなく「歌が上手い人」と言えます。
つまり、90点以上が「カラオケの上手い点数基準」と考えて良いでしょう。

90点以上を取るための基準とは?

90点以上を取るための基準とは?
(画像出典:DAM★とも 精密採点DX-G-Dam)

「カラオケの上手い点数基準」は90点以上と言えます。
それでは、90点以上になるためにはどのような基準をクリアすれば良いのでしょうか。

当サイトの調査によると、カラオケ採点システム「精密採点DX-G」で100点クリアを目指すため基準は以下のようになっています。

  • 音程:正解率95%以上
  • 表現力:90%以上
  • 安定性とロングトーン:10
  • ビブラート:3.5以上
  • リズム:中央

90点以上を目指すためには音程正解率が高いことはもちろん、その他の項目も高いスコアにならないといけないのです。

これこそが「カラオケ点数と歌の上手さは比例する」理由でもあります。
カラオケ採点システムが人が判定するように正確な判定を出せるのは、様々な項目によって採点しているからなのです。

昔のカラオケ採点システムは音程さえ合っていれば良いものでした。機械がそれ以上のものを判断できなかったとも言えます。

ところが、最近のカラオケ採点システムは音程だけでなく、表現力などのテクニックもしっかり採点してくれます。

そしてこれらの採点項目は、歌の基本ができていないと高得点がとれない仕組みになっているのです。

カラオケ採点の項目について

DAMのカラオケ採点システム「精密採点DX-G」の採点項目は6つ。

音程、安定感、表現力、リズム、ビブラート、ロングトーンとなっています。
それぞれの項目の採点により、総合得点が決まるのです。

音程

音程バーに対する正解率が100点満点で採点されます。
カラオケ採点において、音程はとても高いウエイトを占めています。そのため、総合得点で高得点を取るためには、ちょっとの音程のずれも許されません。

正解率が60%以上になるとキラキラと星が出現します。その星の色によって正解率がわかれる仕組みになっています。

90%以上は「虹色」、80%~90%は「金色」、70%~80%は「赤色」、60%~70%は「青色」、60%未満は「星なし」となります。

±1/8単位で採点されるため、90%以上の「虹色」を出す人は上級者と言えるでしょう。
腹式呼吸ができていなかったり、喉が閉まっていると、半音ずれやすくなります。90%以上を出すためには、腹式呼吸や声帯の柔軟性など、基本の発声ができていないと難しいのです。

安定感

音程が安定してまっすぐ出ているかが採点されます。
「震えがち」→「まっすぐ」が10段階で評価されます。

自分の出しやすい音域はまっすぐ発声できても、高すぎたり低すぎると不安定になり震えやすくなります。どんな音程でもまっすぐ出すためには、腹式呼吸で安定した発声をする必要があります。

喉声になりやすい人が「10」を目指すことは難しいでしょう。

表現力

表現力は「抑揚」「しゃくり」「こぶし」「フォール」の4項目で判断されます。
「抑揚」は声の量を変えるテクニックです。Aメロとサビで変化させるのではなく、1フレーズの中で声量を変える必要があります。

「抑揚」とは声量を変化させるテクニックで、表現力で最も重要になります。カラオケ採点が上がるだけでなく、歌そのものが豊かになります。

「しゃくり」は本来の音よりも敢えて少し低い音から入り、本来の音に合わせていくテクニック。

「こぶし」は音程を瞬間的に上下させるテクニックです。

「フォール」はあえて本来の音より下の音程に落とすテクニックです。

「しゃくり」「こぶし」「フォール」は、上手くできないと半音ずれていると判断されてしまい音程の減点対象になってしまいます。そのためハイレベルの歌唱力が求められるのです。
表現力で「90%以上」を目指す人は、かなりの上級者と言えます。

リズム

正しいリズムに対する正解率が採点されます。
「タメ」と「走り」が7段階評価になっています。遅すぎず速すぎず、ちょうど真ん中を狙う必要があります。

比較的容易な項目ではありますが、アップテンポな曲や難しいテンポの曲でも安定して高得点を取るのは難しいでしょう。

ビブラート

5段階でビブラートの上手さが判断されます。
ビブラートは音を伸ばすフレーズで音を一定に揺らすテクニックです。

1秒未満だと評価されないため、1秒以上のビブラートができないといけません。
また一定の幅で揺らす必要があるため、喉、顎、横隔膜を使って声に強弱をかけるテクニックが求められます。

特に横隔膜を使ったビブラートは難易度が高いです。

ロングトーン

10段階で採点されます。
ロングトーンとは、1つの音を伸ばし続けるテクニックです。

声が震えて不安定になってしまうと評価されません。
不安定にならず長く一定に伸ばすには、高い技術が必要です。

さらにロングトーンの難しさは、高音部分で使うことが多いこと。安定した高音を出す歌唱力もなくてはなりません。

カラオケが上手い点数基準を知るメリットとデメリットは?

カラオケが上手い点数基準を知るメリットとデメリットは?

カラオケの上手い点数基準をクリアするためには、歌の基礎的テクニックが必要であることがおわかりいただけたと思います。

歌の基本テクニックを必要とする音程、安定感、表現力、リズム、ビブラート、ロングトーンの得点が約90%以上になることが条件なのです。
このような点数基準を知ることで、以下のようなメリット、デメリットが生まれます。

メリット

カラオケ上手い点数基準を知った上で練習をすれば、以下のようなメリットが得られます。

歌の基礎トレーニングができる

カラオケ採点と本当の歌の上手さは別物と思われがちですが、そうではないことがおわかりいただけたと思います。
歌の基礎的なテクニックを身につけていないと、90点以上の得点は取れない仕組みになっています。

つまり、カラオケ採点システムで90点以上を出そうと練習することは、歌の基礎のトレーニングにもなるのです。
90点以上が出せるようになれば、「本当に歌が上手い人」になることができるでしょう。

音程が合うようになる

カラオケ採点システムは、音程を最も重要視しています。90点以上になるためには、少しの音程のずれも許されません。正解率90%以上にならなければいけないのです。

音程が正確であることは、歌の基本中の基本です。
カラオケ採点システムで90点以上になるように練習していると、音程を合わせるためのスキルがアップするでしょう。

高得点を狙うコツがわかる

カラオケでは音程が合っていれば高得点が取れると思われがちです。確かに、音程正解率が90%であれば総合得点90点を取れる可能性はあります。

しかし、歌が上手い基準である90点以上を目指すなら、表現力やロングトーン、ビブラートなどの加点も必要になるのです。
このコツがわかると、高得点が狙いやすくなるでしょう。

デメリット

カラオケの上手い点数基準を知った上で練習をすると、様々なメリットがあることがおわかりいただけたと思います。

しかしながら、以下のようなデメリットもあることを覚えておいてください。

自分ならではの歌い方ができなくなる

90点以上を狙うためには、音程、リズムなどを機械的に合わせる必要があります。さらに、決められた回数だけ抑揚、しゃくり、フォールなどのテクニックを入れなければいけません。

このような採点基準がわかってしまうと、自分に自分ならではの歌い方ができなくなってしまいます。

点数にばかりこだわっていると本来の良さが失われてしまうこともあるので、たまには点数を気にせず自由に歌ってみると良いでしょう。

点数が悪いとモチベーション下がってしまう

90点以上にこだわっていると、それ以下の点数が出たときにモチベーションが下がってしまうというデメリットもあります。カラオケ歌うことが楽しくなってしまうかもしれません。

モチベーションを上げるためには、はじめは難易度の高い曲ではなく歌いやすい曲を選ぶようにしましょう。

機械に向かって歌ってしまう

点数基準を知ってしまうと、常に点数を気にした歌い方になってしまいます。機械に高評価されるために歌うようになるでしょう。歌は本来、機械ではなく人に聞いてもらうものです。このことを忘れないようにしましょう。

このように、カラオケの上手い点数基準を知った上で練習することは、歌が上手くなる近道とも言えます。
しかしながら、カラオケ点数が全てではないことも忘れてはいけません。
90点以上を目指すことで歌の基礎を学ぶことができ、「上手い歌」が歌えるようになるでしょう。

でも、その先には「人を感動させる歌」という更に上のレベルが待っています。
90点以上が安定して取れるようになったら、歌の基礎ができたと言えます。次は自分ならではの歌い方を追求していくと良いでしょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

もとめ

今回はカラオケが上手い人の点数について考えてきました。
「カラオケ点数」と「歌の上手さ」は比例しないという人もいますが、そうではありません。
本当に歌が上手い人の場合、敢えて自分なりの歌い方をすることで点数が低くなることはあります。

でも、自分なりの歌い方ができる人は、それなりのテクニックを持っている人です。そのような人は、カラオケ採点に合わせた歌い方をすれば高得点は出せるのです。

カラオケ採点は、歌の基礎ができていないと高得点は取れない仕組みになっています。

つまり、カラオケが上手い点数基準である90点以上を目指して練習すれば、歌の基礎が身について「歌が上手な人」に近づくことができるでしょう。ぜひ、カラオケ採点システムを賢く活用してくださいね。