カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケで90点以上取れる人の割合?上手い人の高得点はすごいの?平均点は?

歌の実力を客観的に数値化してくれるカラオケ採点は、歌の上手さのバロメーターとして便利なシステムですよね。

高得点を目指して頑張っている方は多いでしょう。

それでは、カラオケで何点以上取れれば「カラオケが上手い」と言えるのでしょうか。

平均点や高得点の基準がわからないと、カラオケ上手になるための目標が定まらず、練習にも熱が入らないですよね。

そこで今回は、カラオケが上手い人の点数の基準について考えていきたいと思います。

結論から申し上げますと、カラオケが上手い人の点数の基準として「90点」が一つのボーダーラインになるでしょう。

90点以上取れる人の割合や、90点以上ならすごいと言える理由などを解説します。

さらに、カラオケが上手い人の点数の基準を知るメリットやデメリットもお伝えしましょう。

カラオケが上手い人の点数基準がわかると、それを1つの目標として頑張ることができるので、歌のスキルを上げることができるでしょう。

カラオケで何点以上が上手い点数?平均点や高得点の基準が知りたい

カラオケで何点以上が上手い点数?平均点や高得点の基準が知りたい

カラオケ採点を歌の上手さの基準にしている方は多いでしょう。

最近のカラオケ採点システムは進化していて、より人の判断に近い採点ができるようになっています。

もちろん、感情の込め方など機械では判断できない部分もありますが、音程、リズム、表現力など一通りの歌のテクニックをジャッジすることができます。

「カラオケが上手い人」を目指して練習する上で、カラオケ採点の点数は1つの目安となるでしょう。

しかし問題は、カラオケで何点以上が「カラオケの上手い点数基準」になるのかがわかりにくいということです。

ただ闇雲に高い点数を目指してもモチベーションが上がりません。

「英検4級は中学中級レベル」などのように、カラオケ採点でも明確な点数がわかるとやる気が出るでしょう。

「平均〇点以上取れればカラオケ上級者」「〇点以上の高得点ならカラオケ上級レベル」などの点数基準が知りたいですよね。

次の章では、具体的な点数基準について考えていきます。

カラオケで何点以上が上手い点数の基準になる?「90点以上」がポイント

カラオケで何点以上が上手い点数の基準になる?「90点以上」がポイント

ここからは、カラオケの上手い点数基準を考えるためには、「平均点」「高得点」について考えていきましょう。

カラオケが上手い人の点数基準として当サイトが考えるのは、平均点ではなく「90点の高得点」を目安とすることです。

詳しくご説明していきますね。

カラオケが上手い人の平均点は?平均点は目安になりにくい

カラオケが上手い人の点数の基準として「平均点」から考えていきたいと思います。

「カラオケ採点で平均〇点以上なら歌が上手いと言える」という基準があれば、その平均点を目指して頑張ることができるでしょう。

カラオケ採点システムにおいて全国の平均点数を見ることができます。

例えばDAMのカラオケ採点システム「精密採点DX-G」では、曲が歌い終わると自分の得点の下に「全国平均」の点数が表示されます。

この平均点を参考に「カラオケの上手い点数基準」を出せそうな気がしますね。

しかしながら、この全国平均の点数はあまり参考になりません。

全ての人を対象にした平均点ではなく、カラオケ採点システムを使った人たちの平均点なので実際より高い点数が出るからです。

本当に歌が下手な人はカラオケに行くことも、採点することもないでしょう。

カラオケ採点を利用する人はある程度歌が上手いため、平均点は高くなります。

さらに、流行りの曲は点数が高くなったり、難しい曲は平均点が下がりやすいなどの要素もあるため、この平均点と比較して「カラオケの上手い点数基準」を出すのは難しいと言えます。

カラオケで上手い人と言える高得点は?90点以上取れる人の割合はわずか8%なので90点取れたらすごい

カラオケ採点の平均点はあまりあてにならないため、「カラオケの上手い点数基準」を出すことはできないでしょう。

それでは、何点以上がボーダーラインになるのでしょうか。

カラオケが上手い人の点数基準として当サイトの見解は「90点以上」です。

その理由は2つあります。

  1. 1つ目は、90点以上取れる人の割合はわずか8%ということ。
  2. 2つ目は、90点以上取るためには音程を90%以上取る必要があるからということです。

それぞれの内容をご説明していきましょう。

90点が上手い人の点数基準になる理由①:90点以上取れる人の割合はわずか8%だから

カラオケ採点で90点以上取るのは、どれくらいすごいことなのでしょうか。

NHKの教育番組「すいエんサー」の中に、その目安になるデータがありましたのでご紹介しましょう。
2020年1月5日放送の「【カラオケ】高得点取りた~い」の中で、このような内容が紹介されていました。

  • カラオケ採点で90点以上の点数を出せる人の割合は全体の8%未満
  • カラオケ採点で95点以上の点数を出せる人の割合は全体の1%未満
  • カラオケ採点システム開発会社の見解では、90点以上がとれれば上級者

(参考:NHK すいエんサー)

90点以上取れる人は全国に8%未満と非常に少ないことがわかりました。

95点以上になると1%未満ということで、さらに少なくなりますね。

このような具体的な数値を見ると、はやり90点以上取れれば上級者、カラオケが上手い人と言えるでしょう。

90点が上手い人の点数基準になる理由②:音程を90%以上取る必要があるから

90点が上手い人の点数基準になるもう1つの理由は、音程の正解率90%が必要になるからです。

DAMのカラオケ採点システム「精密採点DX-G」の場合、90点以上取るためには、音程の正解率が90%以上必要とされています。

音程で90%以上の正解率を取れる人は、パーフェクトに近いレベルで音程が合っていることになります。

出しやすい音程だけでなく、高音や低音もズレることなく安定している必要があるため、音程で90%以上出せていれば、間違いなく「歌が上手い人」と言えるでしょう。

このような理由から、90点以上が「カラオケの上手い点数基準」と考えることができます。

 

ここまで、カラオケが上手い人の点数基準を考えてきました。

採点システムでは便利な「全国平均」が出るシステムがありますが、この平均点数は曲によってバラつきがあるため、シンプルに「90点以上」とするのが良いでしょう。

でも「90点以上取るのって、具体的にどれくらい難しいの?」とイメージしにくい方もいるでしょう。

次の章では、カラオケ採点で90点以上取るための基準をお伝えしたいと思います。

カラオケ採点で90点以上取れるのはすごい!90点以上になるためにクリアすべき基準を解説

90点以上を取るための基準とは?
(画像出典:DAM★とも 精密採点DX-G-Dam)

「カラオケの上手い点数基準」は、カラオケ採点システムで90点以上ということになります。

それでは、90点以上の点数を取るためには、どのような基準をクリアする必要があるのでしょうか。

DAMのカラオケ採点システムは、配点は公表されていないのですが、100点を取るための最低ラインは以下のような内容であることがわかっています。

  • 音程:正解率95%以上
  • 表現力:90点以上
  • 安定性とロングトーン:10
  • ビブラート:3.5以上
  • リズム:中央

カラオケ採点では、音程の正解率が高いことはもちろん、その他の項目も高いスコアを取る必要があります。

カラオケ採点システムは人が判定するような正確さを求めるために、様々な項目によって採点しているからです。

ただ音程が合っていれば良いだけでなく、表現力、安定性とロングトーン、ビブラート、リズムと幅広いテクニックが求められます。

具体的にこのような得点を取るのはどれくらい難しいのかご説明しましょう。

音程:正解率85~90%以上

カラオケ採点では、何より「音程の正確さ」が重視されます。

音程はとても高い配点となっているため、総合得点で高得点を取るためには、音程でハイスコアを取ることが重要です。

音程バーに対する正解率は100%で採点されるのですが、総合得点90点以上を取るためには85~90%の正解率が必要でしょう。

DAMの採点システムでは、音程正解率が60%以上になると画面にキラキラと星が出現します。

その星の色によって正解率がわかるシステムになっています。

90%以上は「虹色」、80%~90%は「金色」、70%~80%は「赤色」、60%~70%は「青色」、60%未満は「星なし」です。

±1/8単位で細かく採点されているため、90%以上の「虹色」を出すのはなかなか難しです。
安定して90%以上出すのは上級者と言えるでしょう。

表現力:90%以上

表現力は「抑揚」「しゃくり」「こぶし」「フォール」の4つのテクニックで判定されます。

「抑揚」は声の量を変えるテクニック。

「しゃくり」は本来の音よりも少し低い音から入り、本来の音に合わせていくテクニックです。

「こぶし」は瞬間的に音程を上下させるテクニック。「フォール」は本来の音より下の音程に落とすテクニックです。

それぞれのテクニックができると、その都度加点されていくシステムになっています。

表現力のテクニックの点数内訳は公表されていないのですが、抑揚が9割を占めると言われているため、抑揚は80~90点を目指す必要があります。

それ以外のテクニックは10程度を目標にすれば良いでしょう。

安定性:10段階のうち7以上

安定性とは、音程を安定してまっすぐ出ているかが採点される項目です。

「震えがち」→「まっすぐ」が10段階で評価されるのですが、総合得点90点以上を目指すなら7以上のスコアは必要になります。

自分の出しやすいキーはまっすぐ発声できても、高すぎたり低すぎると不安定になり震えやすくなりがち。

どんな音程でもまっすぐ出すためには、腹式呼吸で安定した発声をする必要があるため、高いテクニックが求められます。

リズム:真ん中を狙う

正しいリズムに対する正解率が採点される項目です。

「タメ」と「走り」が7段階評価になっているのですが、遅すぎず速すぎず、ちょうど真ん中を狙う必要があります。

他の項目と比べるとやや易しいですが、テンポの難しい曲の場合は注意が必要です。

ビブラート:5段階中3.5以上

ビブラートは音を伸ばすフレーズで音を一定に揺らすテクニックのこと。

5段階でビブラートの上手さが判断され、総合得点90点以上を目指すなら3.5以上はとっておきたいところです。

1秒未満だとビブラートと評価されないため、1秒以上のビブラートが必要になります。

ビブラートは喉、顎、横隔膜を使って声に強弱をかけるのですが、すぐにできるテクニックではないので時間をかけた練習が必要になるでしょう。

ロングトーン:5段階中3.5以上

ロングトーンとは、1つの音を伸ばし続けるテクニックです。

ビブラート同様に5段階で採点され、3.5以上が必要になります。

ロングトーンは音程、声量、安定性などさまざまな要素が必要になるため、高い歌唱力が求められます。

 

ここまで、「カラオケの上手い点数基準」の90点以上をクリアするために必要な項目ごとの点数についてご説明してきました。

カラオケ上手の点数基準90点を取るためには、幅広いスキルが必要になるため、なかなか大変ということがおわかりいただけたと思います。

「やはり点数にこだわらず、自由に歌って実力をつけたほうがいいかな…」と思う方もいるかもしれませんね。

しかし、カラオケが上手い人の点数基準を目指して頑張ることで、得られるメリットはたくさんあります。

次の章では、カラオケ上手の点数基準を知ることで得られるメリットデメリットをお伝えしたいと思います。

カラオケが上手い点数基準を知るメリットとデメリットを解説

カラオケが上手い点数基準を知るメリットとデメリットを解説

カラオケの上手い人の点数基準は「90点以上」ということ。

その点数をクリアするためには幅広い歌のスキルが必要になることをお伝えしてきました。

ここからは、このような点数基準を知り、その点数を目指すことで得られるメリットデメリットについてご説明したいと思います。

カラオケで90点以上目指すことで得られ3つのメリット

カラオケ上手い点数基準を知った上でカラオケ練習を重ねることで、歌の基礎力を鍛えることができます。

さらに、高得点を狙うためには音程を合わせる練習をするため、音程が安定してくるメリットもあります。

さらに、さまざまな要素を取り入れや歌い方をすることでワンランク上の歌い方を練習できるメリットもあるでしょう。

詳しくご説明していきますね。

メリット①:歌の基礎力を鍛えられる

カラオケで高得点を取るためには「音程」「リズム」「安定性」といった歌の基礎的なテクニックが求められるため、歌の基礎力を鍛えられるというメリットがあります。

80点ほどの点数であれば、とりあえず音程が取れていればクリアできるケースが多いです。

しかし、90点以上を目指すためには、音程だけではなくリズム感や安定感のある歌い方をする必要があります。

「音程」「リズム」「安定性」に注意して歌い込むことで、いつのまにか歌の基礎力が鍛えられるでしょう。

例えば、音程は注意しながら歌っていても、見落としがちなのが「リズム」です。

音程は正確に取れているのに何か上手く聞こえないという場合、リズムがズレていることが多々あります。

90以上を目指すためには、リズムのスコアも上げる必要があり、「タメ(遅すぎる)⇔走り(早すぎる)」真ん中を狙う必要があります。

「タメ」よりになってしまった場合は「次はもっとテンポアップして歌おう」、「走り」よりになってしまった時は「次は焦らずリズムを刻もう」などど改善することができます。

このリズムの微調整はとても重要です。これにより正しくリズムを刻めるようになり、上手く聞こえるようになるでしょう。

このような基本的な「リズム」に意識を向けられることも、高得点を目指すからできるメリットと言えますね。

メリット②:音程が安定してくる

カラオケ上手い点数基準を知った上でカラオケ練習をすることで、音程が安定してくるというメリットもあります。

カラオケ採点システムでは「音程」の正確率がとても重要になるため、これを意識して歌っている方は多いでしょう。

しかし、歌が上手い人の基準である90点以上の高得点を目指すためには、音程の正確率90%以上が必要になるため、より意識した歌い方が求められます。

正確率90%以上になるためには、完璧に近いかたちで音程バーにピッタリ合わせていく必要があります。

いつもはサラっと歌い流していた部分も慎重に音程バーに合わせて歌うようになるでしょう。

カラオケで「上手いな~」と思われるためには、すべて音程をズレずに歌う必要があります。

全体的に音程が合っていても、ズレる部分があると一気に下手に聞こえてしまうもの。

正確率90%以上を目指して練習すれば、ちょっとしたズレも修正できるようになってくるため、「カラオケで上手く歌える人」に近づけるでしょう。

メリット③:ワンランク上の歌い方を練習できる

カラオケ上手い点数基準を知り、高得点を目指すことで、ワンランク上の歌い方を練習できるというメリットもあります。

上の章でお伝えしたように、上手い基準の90点以上を取るためには、「抑揚」「しゃくり」「こぶし」「フォール」「ロングローン」「ビブラート」といったテクニックも意識して練習することになるでしょう。

ビブラートやこぶしなど、すぐにマスターするのは難しいものもありますが、抑揚、しゃくりなどはコツが掴めると意外と簡単に使いこなせる方も多いです。

例えば、抑揚は声のトーンを強めたり弱めたりするテクニックですが、歌詞の内容をよく理解して、強調したい部分は強める、悲しい部分は弱めるなどといった歌い方をするだけで上手くできるでしょう。

一本調子ではなく抑揚をつけることで、ぐんと素敵な歌い方になり、周りの人に「上手いな~」と思われるようになるはずです。

 

このように、カラオケで上手い人の基準を知り、「90点以上」を目指すことで、今まで不十分だった部分や、見落としていた部分を鍛えることができるので、カラオケ上級者に近付くことができるでしょう。

しかしながら、これにより生じるデメリットもありますのでご注意ください。
次の章でお伝えしていきましょう。

カラオケで90点以上目指すことで生じる3つのデメリット

カラオケの上手い点数基準を知った上で練習をすると、さまざまなメリットがあることがおわかりいただけたと思います。

しかしながら、以下のようなデメリットもありますのでお伝えしておきたいと思います。

それは、自分らしい歌い方ができなくなってしまうということ、機械だけを意識して歌ってしまうということです。

さらに、点数が低いと自信を失ってしまうという問題もあるでしょう。

詳しくご説明していきますね。

デメリット①:自分らしい歌い方ができなくなってしまう

ここまでお伝えしてきたように、上手い人基準の90点以上を目指すためには、音程、リズムなどを機械的に合わせる必要があります。

さらに、できるだけ多く抑揚、しゃくり、フォールなどのテクニックを入れなければいけません。

このような採点基準がわかってしまうと、自分が歌いたい歌い方ではなく、点数を上げるための歌い方になってしまう恐れがあります。

音程が安定したりリズムが正確に刻めるなどのメリットもある反面、自分らしい間の取り方や表現の仕方が失われてしまうデメリットもあります。

今の魅力的な歌い方が徐々に変わってしまうかもしれませんね。

デメリット②:機械だけを意識して歌ってしまう

カラオケ上手い点数基準を知った上で歌うと、周りの人に対してではなく、機械に向かって歌ってしまうデメリットもあります。

採点機器に評価されることばかりを意識してしまい、周りの人に目を向ける余裕がなくなってしまうでしょう。

歌は本来、機械に向かって歌うものではなく、人に向かって歌うものですよね。

その要素が欠けてしまうと、聞き手に上手いと思ってもらえる歌い方にならないでしょう。

デメリット③:点数が低いと自信をなくしてしまう

カラオケの上手い人の点数基準を知った上で練習すると、点数ばかりにこだわってしまい、点数が低いと自信をなくしてしまうというデメリットが考えられます。

高得点が取れた時はテンションが上がっても、低い点数しか取れないとテンションが下がり、歌うことが楽しくなくなるかもしれません。

カラオケや歌うこと自体の魅力が半減してしまったら悲しいですね。

カラオケで上手い基準の点数を目指す場合はほどほどに

カラオケの上手い人の点数基準を知った上でカラオケ練習をすると、「歌の基礎力を鍛えられる」「音程が安定してくる」「ワンランク上の歌い方を練習できる」というメリットが得られるでしょう。
しかし一方で、「自分らしい歌い方ができなくなってしまう」「機械だけを意識して歌ってしまう」「点数が低いと自信をなくしてしまう」というデメリットも考慮してくださいね。

高得点を目指して頑張ることで歌の基礎力が底上げすることはできますが、やりすぎると今持っているあなたの良さが薄れてしまうかもしれません。

一人でカラオケに行くときは必死に高得点を目指して頑張り、友達を行くときには点数を気にせずに楽しく歌うなど、メリハリをつけて練習すると良いでしょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクールを紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

友人や同僚などとカラオケに行ったとき、歌が上手い人はとても魅力的ですよね。 恋人同士の場合も、歌が上手いとより素敵に見えるもの。逆に歌があまり上手くないと、それだけで魅力が半減してしまうかもしれません。 「歌がうまくなりたい」「[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

カラオケで90点以上取れる人はすごい!カラオケ上手の点数基準を目指して上級者を目指そう

今回は、カラオケで何点以上取れればカラオケ上級者と言えるのか考えてきました。

90点以上取れる人の割合はたった8%ということで、90点以上がカラオケがすごいとされる基準になるでしょう。

このようなカラオケ上級者の点数基準を知った上でカラオケ練習をすることで、音程、リズム、安定感、表現など幅広いスキルを磨くことができるというメリットがあります。

高得点を目指して頑張るうちに、徐々に実力が底上げできるでしょう。

しかし、あまり採点ばかりに気を取られてしまうと、あなたらしい歌い方が失われしまう可能性もありすので注意してくださいね。

カラオケ上手の点数基準を程よく参考にしながら、カラオケ上級者を目指しましょう。