カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケでしゃくりが多い人!上手い人のやり方を公開!コツを掴み採点攻略!

カラオケ採点には「しゃくり」という表現力ポイントがありますよね。

しゃくりは、表情豊かな曲にするために効果的なテクニックの1つです。

しかし、「意識していないのに、カラオケ採点でしゃくりが多い」「しゃくりが多すぎると下手になってしまう」という方もいるでしょう。

しゃくりは、多すぎるとかえって下手に聞こえてしまう、カラオケ採点で減点されてしまう場合があるので注意が必要です。

そこで今回の記事では、カラオケでしゃくりを上手く使いこなす方法を考えていきたいと思います。

しゃくりとは何か?しゃくりのメリットデメリットをご説明しながら、しゃくりが多すぎるとNGな理由をご説明しましょう。

さらに、しゃくりの基本的なやり方や、しゃくりが上手い人の使い方から、コツを掴んで採点攻略する方法までお伝えしたいと思います。

しゃくりはカラオケ上手になるためのテクニックの1つです。せっかく使うなら、誤った方法ではなく、正しく使いこなしていきたいですね。

カラオケでしゃくりが多すぎる!上手くしゃくりを使うコツが知りたい

カラオケでしゃくりが多すぎる!上手くしゃくりを使うコツが知りたい

カラオケ採点システムを使うと、しゃくりやフォールなど、テクニックポイントがリアルタイムで表示されますよね。

この加点ポイントを意識しながら高得点を目指している方は多いでしょう。

しかし、しゃくりの場合「意識していないのに多い」「多すぎると下手になる」といった問題があります。

まずは、この問題から考えてみましょう。

カラオケ採点でしゃくりが多いのはどうして?

カラオケで採点システムを使い歌っていると、意識してしゃくりをしていないのに「しゃくり」と表示されることがありませんか?

いつも知らないうちにしゃくり加点が多いという方は意外といると思います。

勝手にしゃくり加点が増えるのはどうしてなのでしょうか。

しゃくりを多く入れると下手になるのはどうして?

また、しゃくりをすることで加点されていくので、意識的にしゃくりを多用している方もいるでしょう。

しかし、しゃくりが多くてもあまり総合点数が上がらない、反対にしゃくりが多すぎると下手に聞こえてしまうという場合も少なくありません。

しゃくりが多すぎると逆効果になるのはどうしてなのでしょうか。

 

しゃくりは、カラオケテクニックの中でも比較的簡単にマスターできる技術と言えます。

しかし、このように、「無意識にしゃくりが多い」、「しゃくりが多すぎると逆効果」という問題があるので注意が必要です。

「無意識にしゃくりが多い」という場合は、しゃくりを使いこなしているわけではなく、音程がズレているのかもしれません。

しゃくりの正しいやり方をマスターする必要があるでしょう。

「しゃくりが多すぎると逆効果」という場合は、しゃくりのメリットデメリットを理解し、どうして多すぎるとダメなのか理解しましょう。

さらに、しゃくりが上手い人のやり方をお手本にして、上手くしゃくりを使いこなすコツを覚えると良いですね。

次の章で詳しく解説していきたいと思います。

カラオケでしゃくりについて解説!しゃくりが多すぎるとダメな理由とは

カラオケでしゃくりについて解説!しゃくりが多すぎるとダメな理由とは

無意識にしゃくりが出てしまう、しゃくりを多すぎるほど使っているという方は、しゃくりを正しく理解できていない可能性が高いですね。

まずは、しゃくりとは何か、さらにしゃくりのメリットデメリットをご説明したいと思います。

しゃくりとは?しゃくりの種類やメリットデメリットを解説!

しゃくりとは、敢えて下の音程から入り、ぐいっと本来の音程に上げるテクニックです。

しゃくりは、疑問形の語尾に似ていると言われることもあります。

友達の声が聞こえずに「えぇ?今、なんて言った?」という時の「えぇ⤴」と上がる感じが、しゃくりのイメージです。

例えば、「ゆー」とただ伸ばすのではなく、「ゅ⤴ゆー」と下の音程から本来の音程に戻していく感じです。

このとき本来の音程を母音にするのがポイント。「ゅ⤴うー」という感じですね。

しゃくりを多用しているアーティスト

実際に、しゃくりを使っている曲を聞くと、より理解が深まるでしょう。

しゃくりを多用するアーティストとして有名なのが福山雅治さんです。

「桜坂」のAメロはじめのフレーズの「ゆれるこもれび」の「ゆ」はしゃくりが入っています。

「Squall」のAメロはじめのフレーズの「さっきまでの」の「さ」にもしゃくりが入っています。

「ゅ⤴うーれるこもーれびー」、「さ⤴あっきまでのー」と、母音の音にぐいっと音を上げると上手くしゃくりが出せるようになります。

福山雅治さんのしゃくりは、しゃくりらしいしゃくりと言えるのですが、さらっとしゃくりが使われている曲もたくさんあります。

例えば、あいみょんさんの「メリーゴーランド」。

はじめのフレーズ「風の強さがちょっと」の「か」にもしゃくりが入っています。少しだけ下の音程からサラッと正しい音程に上がるだけの小さなしゃくりです。

しゃくりの種類はさまざま

このようにしゃくりにはさまざまな種類があります。

実は、しゃくりには「これが正しいしゃくり」という明確なルールがありません。

そんなしゃくりをあえて分類すると「下げる音の低さ」と「スピード」で分けることができるでしょう。

以下のように、しゃくりの種類によって雰囲気が変わります。

・下げる音の低さによって雰囲気が変わる

本来の音程に対して、1音下の音から上げるのが一般的ですが、「半音下」「1音より下」から上げる場合もあります。

半音下げるとあっさりとしたしゃくりになり、1音より下げると個性的なしゃくりになります。

ビジュアル系バンドの曲では、1音より下げた音程からのしゃくりが使われることが多いです。

・スピードによって雰囲気が変わる

下の音程からぐいっと本来の音程にあげるとき、この「ぐいっと」のスピードが速いとサラッとした雰囲気になります。

疾走感のある曲やソウルフルな曲の場合には、スピード感のあるしゃくりが効果的です。

逆に「ぐいっと」のスピードが遅いと、まったりとした雰囲気になります。

アンニュイな感じ、大人の雰囲気が出るでしょう。スローテンポなバラードなどに効果的なしゃくりになります。

しゃくりのメリット

しゃくりとはどんなものなのか、おわかりいただけたでしょうか。

さらに、カラオケでしゃくりを上手く使うためには、しゃくりのメリットデメリットを知る必要があります。

まずは、メリットから見ていきましょう。

歌に抑揚が生まれる

しゃくりを使うと抑揚が生まれるメリットがあります。

例えば、「かえるのうた」を例にしてみましょう。

「かーえーるーのーうーたーがー」

と普通に歌うと合唱らしい歌い方になりますよね。

これにしゃくりを入れてみましょう。

「ゕ⤴あーぇ⤴えーる⤴うーの⤴おーぅ⤴うーたあ⤴ーが⤴あー」と全て音にしゃくりを入れてみましょう。

極端な例ではありますが、しゃくりを入れることで、抑揚が生まれることがわかると思います。

しゃくりを入れると曲全体にメリハリを出すことができて、抑揚のあるプロっぽい歌い方になるのです。

カラオケで「この人、歌が上手いな~」と思われる歌い方ができるでしょう。

一本調子の歌い方になってしまう、合唱みたいな歌い方になってしまう人は、しゃくりを取り入れると良いですね。

個性的な歌い方ができる

しゃくりを入れることで、個性的な歌い方ができるというメリットもあります。

前述した福山雅治さんの曲で、「桜坂」のAメロはじめのフレーズの「ゆれるこもれび」の「ゆ」にしゃくりがないと、どうでしょうか。

間違った歌い方ではありませんが、福山雅治さんらしさが半減してしまいますよね。

しゃくりは、一瞬だけ音程をずらすものですが、その小さなテクニックで、大きな個性を生み出す力があるのです。

しゃくりを上手く取り入れることができれば、周りの人を引きつけるような個性的な歌い方ができるでしょう。

加点になりやすい

しゃくりは、加点になりやすいというメリットもあります。

例えば、カラオケDAMの採点システムの表現力の加点は抑揚、しゃくり、フォール、こぶしの4つです。

しゃくりはこの4つの中で一番出しやすいテクニックと言えます。

コツがわかれば、すぐに取り入れることができるので、加点をかせげるというメリットがありますね。

 

このようにしゃくりは、歌に抑揚や個性を与えることができて、しかも比較的簡単にマスターできて加点になりやすいというメリットがあります。

しかし「それなら、たくさんしゃくりを入れよう!」となるのはNGです。

そうすると、「しゃくりが多すぎると逆効果」という問題が起きてしまいます。

メリットだけでなく、デメリットも確認しておきましょう。

しゃくりのデメリット

メリットが多い表現テクニックであるしゃくりですが、多すぎると以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。

多すぎるとくどくなる

しゃくりは、出すのは簡単でも、入れる場所を考えることが難しいです。

しゃくりを多用してしまうと、非常にくどい歌い方になるというデメリットがあるからです。

カラオケでしゃくりを入れすぎると、かえって聞き苦しくなってしまい、「この人の歌い方は好きじゃない」と思われてしまうかもしれません。

多すぎると音程が取れていないと思われる

しゃくりは、本来の音より下の音程からずり上げるテクニックです。

つまり、一瞬音程を外すことになるため、音程がずれていることになります。

そのため、何度もしゃくりを入れていると「音程が取れていない」と聞こえてしまうでしょう。

これもしゃくりのデメリットの1つです。

微妙に音程がずれると、聞いている方は気持ち悪い感覚になってしまうかもしれませんね。

多すぎると癖になってしまう

しゃくりが多いと、癖になってしまうデメリットもあります。

繰り返しになりますが、しゃくりは、本来の音程より下の音程から本来の音程にずり上げるテクニックです。

言い方を変えると、はじめの音がずれていても、しゃくりをすることで正しい音程に持っていくことができるのです。

しゃくりを使ったほうが音程をとりやすくなる場合もあります。

しゃくりをマスターすると、音程に自信がない時でもしゃくりでごまかせるようになってしまうため、しゃくりが癖になってしまうでしょう。

無意識のうりにしゃくりの加点が多い場合は、しゃくりを使いこなせているわけではなく、しゃくりで音程をごまかそうとしているのかもしれませんね。

多すぎるとカラオケ採点で減点になることも

しゃくりが多いと加点ポイントが稼げるというメリットがありますが、多すぎると減点になることもあるという大きなデメリットもあります。

前述したように、カラオケでしゃくりを多用すると音程がずれたようになってしまうことがあります。

カラオケ採点の機械にも「音程がずれている」と判断され、減点になることもあるのです。

また、しゃくりの加点は、一定の回数に達すると、それ以上増えても得点が上がらないシステムになっていることも覚えておいてくださいね。

 

ここまで、しゃくりの基本知識、カラオケでしゃくりを入れるメリットデメリットについてご説明してきました。

しゃくりがよくわからないけれどカラオケでいつのまにか多くなっている方、しゃくりが多すぎて歌が下手になっている方も、しゃくりの知識が深まれば、しゃくりの正しい使い方がわかってくるでしょう。

それでは、具体的にどのようにすれば、、上手くしゃくりを使いこなせるのでしょうか。

次の章では、カラオケでしゃくりが上手い人を参考に、やり方、使い方を解説したいと思います。

カラオケでしゃくりが上手い人はどうやっているの?しゃくりのやり方を解説

カラオケでしゃくりが上手い人はどうやっているの?しゃくりのやり方を解説

しゃくりの知識やメリットデメリットをお伝えしてきました。

まとめると、「しゃくりはマスターしやすく歌うま効果も大きい。

しかし多すぎると逆効果なので要注意」ということです。

そこでここからは、しゃくりの基本的なやり方、さらにカラオケでしゃくりが上手い人を参考に使い方をご紹介したいと思います。

しゃくりの基本のやり方!3ステップでしゃくりを使いこなそう

「意識していないのに、しゃくりポイントが加算されていた」という方は意外と多いですよね。

しかし、それはしゃくりを使いこなせているとは言えません。

上手く使いこなすためには、基本のやり方をマスターしましょう。

しゃくりはコツが掴めれば比較的簡単に使えるようになります。

しゃくりのやり方は3ステップがおすすめです。

ステップ1:本来の音を母音で発声する

しゃくりのやり方を考える時、しゃくりを入れたい音を「子音と母音」に分けるのがポイントです。

まずはこのコツをマスターしましょう。

例えば、「さー」の音にしゃくりを入れる場合、「さ」と「あ」に分けて考えます。

本来の音程から下にずらした音は「さ」、本来の音程は「あ」を発音してみましょう。

本来の音程は「ミ」、下にすらず音は1音下の「レ」だとします。

「さ(レ)⤴あ(ミ)」と音を上げるイメージですね。

ずらした音は小さく、本来の音は大きく発声するのがポイントです。

ステップ2:なめらかに繋げる

次に、なめらかに繋げるというコツをマスターしましょう。

しゃくりは流れるようになめらかに入れるときれいになります。

「下にずらした音」と「本来の音」がボツボツ切れた状態ではきれいなしゃくりとは言えません。

なめらかに繋げることを意識しましょう。

「下から音をぐいっと上げる感じ」「えぇ?などの疑問形の感じ」をイメージするとなめらかに繋がりやすくなるでしょう。

また、福山雅治さん、aikoさん、絢香さんなどのしゃくりを多用している曲を真似するのも良いですね。

ステップ3:正しい音程をマスターしておく

ステップ1、2で何となくしゃくりの感覚が掴めると思います。

しかし、さらにきれいなしゃくりにするためには、正しい音程をマスターしておくことが大事です。

しゃくりは、ずれた音程でも正しい音程に持っていくことができるので、音程に自信がない時にしゃくりが出てしまう人がいます。

でも、それは本来の上手いしゃくりではありません。

きれいなしゃくりを出すためには、本来の音程をしっかりマスターしておくことが大前提です。

その正しい音程から敢えてずらすのが本当のしゃくりということですね。

しゃくりを入れる曲は、しっかり正しい音程を聞いて、歌って練習しておきましょう。

しゃくりの上手い人の使い方!5つのコツをおさえて採点攻略をしよう

ここまで、しゃくりのやり方のコツをお伝えしてきました。

しゃくりのやり方がおわかりいただけたでしょうか。

しかし、「しゃくりのやり方がわかったから、カラオケでたくさん取り入れよう!」というのはNGです。

お伝えしてきたように、しゃくりは多すぎると逆効果になってしまいます。カラオケ採点で減点になることもあるので注意してくださいね。

ここからは、しゃくりの上手い人を参考に、しゃくりを上手く使いこなして採点攻略する方法をご説明しましょう。

適度に入れている

カラオケでしゃくりが上手い人の一番の共通点はこれでしょう。

しゃくりを適度に入れることで、採点アップに繋げているのです。

カラオケ採点の表現力ポイントの中で、しゃくりは加点をかせぎやすいため、多用する人がいますが、実は20回も30回もしゃくりを入れても点数は変わりません。

機種にもよりますが、およそ15回以上入れても、点数が変わらないことが多いです。

そのため、しゃくりで採点攻略するためには、1曲につき15回のしゃくりを目安にすると良いでしょう。

適度なしゃくりを入れることで、音程がずれたと判定されることも少なくなるので、減点の心配も減りますね。

多用することで生じる「くどさ」の心配もないでしょう。

強調したい部分に入れている

しゃくりが上手い人は、適度に入れることで、採点攻略をしています。

それでは、具体的にどんな部分にしゃくりを入れれば良いのでしょうか。

しゃくりが上手い人は、強調したい歌詞の部分にしゃくりを入れていることが多いです。

特に伝えたい歌詞の部分や、タイトルになっている歌詞の部分、曲の中で大事なキーワードになる歌詞の部分など、「ここぞ」という歌詞のところでしゃくりを入れています。

きちんと歌詞を理解した上で、強調したい部分にしゃくりを入れれば、感情を込めたしゃくりができるでしょう。

盛り上がる部分に入れている

しゃくりが上手い人は、抑揚をつけるためにしゃくりを利用することが多く、盛り上がる部分に入れることが多いです。

低い音程のBメロから、高い音程に切り替わるサビのタイミングなどは、しゃくりを入れることでより盛り上がりを表現できるでしょう。

自然な感じでしゃくりを入れることができるので、「しゃくりがくどい」という印象を与えにくいです。

フレーズのはじめに入れている

しゃくりが上手い人は、フレーズのはじめに入れている傾向にあります。

しゃくりは、フレーズのどの部分に入れても良いのですが、途中の音で入れると、正しい音程にずり上げると時に音程がずれやすくなります。

そのため、カラオケでサラっとしゃくりを入れている人は、フレーズのはじめに入れていることが多いですね。

しゃくり初心者の方は、まずはフレーズのはじめの音にしゃくりを入れる練習をすると良いでしょう。

曲の雰囲気を考えて使いわけている

カラオケでしゃくりが魅力的な人は、曲の雰囲気を考えて使いわけています。

反対に「この人のしゃくりはちょっと嫌だな」という人は、どの曲でも同じようなしゃくりを入れていることが多いです。

この曲は疾走感がある曲だから、盛り上がる部分だけにしゃくりを入れよう。

この曲はけだるい雰囲気の曲だから、少しいつもよりしゃくりを多く入れよう。

このように、曲の雰囲気を考えてしゃくりを使い分けるようにしましょう。

センス良くしゃくりを入れるためには、プロの歌い方を参考にしよう

カラオケでしゃくりを上手く入れている人を参考に、しゃくりの使い方のコツをご説明してきました。

適度な数のしゃくりを入れることで、採点攻略ができるでしょう。

さらに、的確な場所に入れることで、センス良くしゃくりを使いこなすことができます。

しかし、なかなか自分でセンスを磨くのは難しい…という方もいるでしょう。

その場合は、しゃくりを効果的に取り入れているプロの歌手のしゃくりをそのまま真似るという方法もあります。

  • 福山雅治さん
  • 稲葉浩志さん(B’z)
  • hydeさん(L’Arc〜en〜Ciel )
  • 河村隆一さん(LUNA SEA)
  • aikoさん
  • 絢香さん

このようなアーティストの方々は、しゃくりを効果的に利用していますので、参考になるかと思います。

曲をよく聞き込んで、しゃくりのある部分を確認し、そのしゃくりをそのまま真似てみると良いでしょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクールを紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

友人や同僚などとカラオケに行ったとき、歌が上手い人はとても魅力的ですよね。 恋人同士の場合も、歌が上手いとより素敵に見えるもの。逆に歌があまり上手くないと、それだけで魅力が半減してしまうかもしれません。 「歌がうまくなりたい」「[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

カラオケでしゃくりが多いのはNG!上手い人のやり方を参考に採点攻略に繋げよう

カラオケで、無意識のうちにしゃくりが多い方、しゃくりが多すぎて減点になってしまう方は多いでしょう。

今回は、そのような方に向けて、カラオケでしゃくりを上手く取り入れるコツをご紹介してきました。

しゃくりを使いこなせていない方は、まずはしゃくりについて理解し、基本的な使い方をマスターしましょう。

その上で、カラオケでしゃくり加点ポイントを稼ぐために、適度に取り入れることが大切です。

多すぎると、加点が変わらないだけでなく、音程のずれによる減点になる可能性があります。

しゃくりが多いとくどい歌い方になってしまうというデメリットもありますので注意してくださいね。

しゃくりを上手く取り入れることができれば、歌の腕を上げることができて、採点攻略にも繋がるでしょう。