カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケがうまくなりたい男性必見!上手い下手の特徴!音痴克服のコツ!

カラオケが上手い男性はとても魅力的です。カラオケで歌が上手いと、とにかくモテます。女性から憧れの目で見られたり、友人たちからも尊敬されるでしょう。
さらにカラオケが上手いとビジネスの場でも有利です。取引先の人や上司とカラオケに行った時、上手く歌える男性は好印象を与えることができます。
そして、歌が上手いことによるメリットは、カラオケの場を出てからも続きます。想いを寄せている女性からお誘いがきたり、仕事の人間関係が良くなり仕事力がアップするかもしれません。
でも、カラオケが下手で困っている…、音痴だからカラオケに行くのが恥ずかしい…という男性のほうが多いでしょう。
そこで今回は、歌がうまくなりたい男性に向けて、音痴克服するコツをたっぷりお伝えていきたいと思います。

音痴を克服するためのコツは3つ!

音痴を克服するためのコツは3つ!

カラオケが上手になりたい!と思っても何からはじめれば良いのかわかりません。
カラオケが上手になる方法を知るためには、カラオケが上手な男性と下手な男性の特徴を考えてみると良いでしょう。その違いこそが、音痴を克服してカラオケが上手い男性になるための方法です。
そのコツをおさえることができれば、今まで音痴で悩んでいた男性でも、きっと歌が上手い男性に生まれ変わることができるでしょう。
そのコツとは「選曲」「歌い方」「練習」です。
詳しくご説明していきたいと思います。

 

選曲はとても重要

カラオケで曲を選ぶ時にどんな基準で選んでいますか?
「好きな曲」「歌える曲」「流行っている曲」などを適当に選んでしまうのは、カラオケが下手な人の特徴です。
1曲目にバラードを選んでも、みんなに引かれてしまうかもしれません。流行っている曲を選んだら、歌詞やメロディがわからずかっこ悪くなってしまった…なんてこともあります。
一方、カラオケが上手な男性は歌う順番、選曲がバッチリ決まっています。そんな選曲のコツを見ていきましょう。

はじめはアップテンポの曲から選ぶ

カラオケに行った時に、まずポイントになるのが1曲目の曲です。はじめて自分の歌声を披露する場合には特に選曲が重要になります。
1曲目から気合を入れたバラードを選ぶのはNG。まずは周りの雰囲気をうかがうためにも、軽いアップテンポの曲がおすすめです。
アップテンポの曲は、歌唱力のあるorなしがわかりにくいので、音痴な人でも比較的サラッと歌うことができます。
マイナーな曲よりもみんなが知っている定番の曲を選び、みんなを盛り上げるようにしましょう。

数曲目で得意な曲を選ぶ

カラオケが下手な人がやりがちなのが、1曲目に自分が一番得意な曲を選ぶことです。でも1曲目は、まだ喉も体も歌う準備ができていません。緊張して不完全な状態でせっかくの得意曲を歌ってしまうのはもったいないのです。
得意な曲は、歌うことに慣れた数曲目にもってくるのがベターです。場の雰囲気もなごんでくるころなので、特に気持ち良く歌うことができるでしょう。
この場合の選曲はマイナーな曲でもOK。バラードがおすすめです。周りにどう思われるかで選曲するのではなく、とにかく自分が上手に歌い上げることができる歌を選びましょう。

キーが合わない曲は選ばない

人気の男性アーティストの歌はキーが高いことが多いです。普段聞いているだけではわかりにくいのですが、実際に歌ってみると高音すぎて声が出ない、声が裏返るなど、失敗しやすいのです。このような歌をカラオケで選ぶのはキケンです。
逆にキーが合っている曲ならが、歌が下手な人でもいつもより上手く歌うことができるでしょう。
カラオケが上手な人は自分のキーに合わせた曲を選んでいるから、上手く聞かせることができているのです。

自分の声と似ているアーティストの曲を選ぶ

選曲に重要なのはキーだけではありません。声質も関係しています。
自分の声質と全然違うアーティストの曲を歌うよりも、自分の声質と似ているアーティストの曲を選んだほうが上手に聞こえやすいのです。
歌が上手い男性は、自分の声や雰囲気と似ているアーティストの曲を歌っていることが多いでしょう。
好きなアーティストの曲を選ぶのではなく、自分に似たアーティストの曲を選ぶことで上手に聞こえるようになるかもしれません。

バラードを選ぶ

音痴な人の特徴として、音程がとれない、リズムが合わないということがあります。
そんな方はバラードを選ぶのがおすすめです。バラードはゆっくりメロディが進むので音程が取りやすくなります。リズム感がなくても比較的スムーズに歌うことができるので上手に聞こえやすいのです。
歌いやすいバラードをカラオケの18番として練習しておくと良いでしょう。

歌が下手な男性は、本当に音痴なわけでなく選曲が下手な場合があります。このようなポイントをおさえて曲選びをするだけで、周りから歌が上手な人と思われるようになるかもしれません。

 

歌い方に注意

選曲の次におすすめしたいコツは、やはり歌い方です。
同じ歌唱力のレベルの男性でも、歌い方によって上手いと思われたり、下手と思われたりするのです。
歌い方に注意して、カラオケ上手になりましょう。

過剰な演出はNG

歌が上手い男性はあまり演出をせずに歌うことが多いです。
一方歌が下手な男性は、歌唱力のなさをカバーしようとして、過剰な演出をすることがあります。
ナルシストな歌い方をしたり、女性の目を見つめて歌うなどの演出は、女性から引かれる可能性が非常に高いです。
抜群の歌唱力を持った男性がすれば受け入れられる演出でも、歌が下手な人がやってしまうと逆効果にしかなりません。
歌に自信がない男性は、余計なことはせずに歌に集中してみると良いでしょう。上手く歌えるかもしれません。

熱唱しすぎはNG

「熱唱=歌が上手い」という感じがしますが、これも歌が下手な男性がするとあまり良くありません。歌が下手な人が目をつぶって熱唱したり、サビの部分だけものすごく大きな声で熱唱すると、かえって歌の下手さが際立ってしまうのです。
熱唱するのは気持ちが良いものですが、上手く歌いたいという時には熱唱するのは控えたほうがベターです。

ロングトーンを出す

カラオケが上手な人は、上手に歌うためのテクニックを持っています。ビブラートやミックスボイスのようなテクニックがあると、ワンランク上の歌い方になります。
でも、ビブラートやミックスボイスは練習を重ねないとなかなか上手くできません。
そこでおすすめなのがロングトーンです。
ロングトーンとは、同じ高さの音を長く出し続ける歌い方です。プロのようなロングトーンを極めるためには、腹式呼吸を身につけることが必要となり、高度なテクニックも必要になります。
しかし、ある程度音程を保って長く声を出し続ける程度のロングトーンなら、意外と上手く出すことができるので、歌が下手な人にもおすすめです。

マイクを正しく持つ

カラオケでかっこよく歌おうとする男性にありがちなのが、マイクを不自然に持つパフォーマンスです。ラッパーのようにマイクを斜めに持ったり、マイクのヘッド部分を手で覆うように持つ男性もいますが、あまり女性にはウケが良くありません。
さらに、見た目がNGなだけでなく、正しくマイクを持たないと上手に声が拾われないのです。
カラオケのマイクはヘッド部分のところだけで音を拾っています。この部分を手で覆ってしまっていたり、ヘッド部分に声が届いていないときれいに歌声が響きません。
マイクは、床と平行になるように持ち、ヘッド部分にしっかり声が拾われるようにしましょう。

歌が下手だと思っている男性でも、このように歌い方を工夫することで、歌が上手い男性のようにパフォーマンスすることができます。ちょっとしたコツで音痴を克服して、歌に自信が持てるようになるでしょう。

 

普段から練習することも大切

最後にご紹介する歌が上手い男性になるコツは、練習することです。
何事もやはり練習せずに上手になることはできません。
でも、練習と言っても音楽教室で声楽を学んだり、ボイスレッスンを受けることではありません。自分なりに練習をすれば良いのです。

カラオケに頻繁に通う

カラオケが上手な男性の職業は営業マンと言われています。その理由は、営業マンは接待などでカラオケに行く機会が多いからです。頻繁にカラオケに通ううちに自然と歌が上手になっていくのでしょう。
カラオケで上手になるためには、特別な練習をするのではなくカラオケに行くというだけでも良いのです。練習のために一人でカラオケに通うという方もいますが、できれば何人かで行くと良いでしょう。
カラオケが下手な男性の特徴は音痴というだけでなく人前で歌うことに緊張してしまうのです。人前で歌う練習をするためにも友達などと一緒に行くのがおすすめです。

車の中で練習する

営業マン以外にカラオケが上手な男性の職業として、長距離トラックの運転手が挙げられることもあります。
その理由は、長時間運転しながら歌を歌うことが多いからです。運転中ずっと歌っていたらかなりの時間になるでしょう。練習している意識がなくてもいつの間にか上手くなっているのです。
カラオケに行く時間がないという方は、車の移動時間やお風呂の時間を利用して日頃から歌う習慣をつけてみましょう。

目標を持って練習する

どんな練習も、しっかり目標を定めることが大切です。
次のカラオケまでこの曲をマスターしよう、友達を驚かせるために上手になろう、好きな女性に好意を持ってもらえるように上手になろう、などの目標を決めることで練習に熱が入るでしょう。
でもあまり頑張りすぎるのは禁物です。あくまでもカラオケを楽しむことが大切です。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

歌が上手くなって周りを驚かせよう!

歌が上手くなって周りを驚かせよう!

いかがでしたでしょうか。
女性にモテるため、仕事で一目置かれる存在になるために歌が上手くなりたいという男性は多いでしょう。カラオケで音痴な男性より、カラオケが上手な男性のほうが絶対魅力的です。
そのためには、「選曲」「歌い方」「練習」が大切になります。今回ご紹介した方法で、きっと音痴を克服することができるでしょう。