カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケアプリで音程バーを見る事!アプリで音程を合わせるコツ!

カラオケで歌っていて、音程が合わせられないと焦ってしまいますよね。音程を外してしまうと、間違いなく上手い人には見られません。そればかりか、音痴な人を見られてしまうかもしれません。音程に自信がないとカラオケを楽しむことができません。

そんな音程のずれは、カラオケアプリで改善することができます。
カラオケボックスのように音程バーが表示されるアプリがあるからです。カラオケボックスで練習するように自宅で音程練習ができるのです。

録音機能、採点機能が搭載されていれば、さらに効果的に音程練習をすることができます。
今回は、カラオケアプリで音程バーを見ながら練習するコツについてご紹介していきます。アプリの音程バーを使って、賢く音程練習をしましょう。

カラオケ音程練習には音程バーつきアプリを選ぶ

カラオケ音程練習には音程バーつきアプリを選ぶ

カラオケで音程を合わせるのは難しいものです。だから「本当にアプリを使っただけで音程練習ができるの?」と疑いたくなるかもしれません。

でも、音程練習に効果的なアプリを選び、コツをおさえて練習すればアプリでも十分効果的な練習ができます。わざわざカラオケボックスに通わなくても楽しくレッスンすることができるでしょう。

音程練習のためには、音程バーがついているアプリを選ぶことが最大のポイントです。
少し前までは、この音程バーはカラオケに行かないと使うことはできませんでした。ところが、最近は音程バー機能搭載の便利なアプリがあるのです。

ただし、カラオケアプリの場合、カラオケボックスのような大きなモニターではないので、音程バーが表示しにくいという難点があります。そのため、音程バーがついていないアプリも結構あることも覚えておいてください。

さらに、以下のような機能があると、音程練習がやりやすくなります。

  • 自分の音程が表示される機能
  • ガイドメロディ機能
  • 録音機能
  • 採点機能

これらの機能全てが搭載されていないアプリでもOKです。カラオケアプリは無料のものや、有料でも月額数百円です。それぞれの機能を持った複数のアプリを使って練習すれば良いでしょう。

アプリでカラオケ音程を合わせる練習方法

アプリでカラオケ音程を合わせる練習方法

それでは実際にどのような流れでアプリを使った音程練習をすれば良いのかご説明していきたいと思います。

選曲して歌詞を印刷しておく

カラオケアプリで練習したい曲を選びましょう。
はじめは音程の高低が少ない曲、音域が広くない曲を選ぶのがポイントです。

曲が決まったら、インターネットで検索して歌詞を印刷しておきましょう。
録音した自分の声を聞きながら分析するときに使います。

ガイドメロディで練習する

音程を合わせるためには、正しい音程をしっかり聞き込むことが大切です。
カラオケでも、メロディがしっかりわかっていない曲は音程が合わせにくいでしょう。

まずは、アプリのガイドメロディ機能を使って正しいメロディを何度も聞きましょう。
このとき、メロディだけでなく歌詞も暗記しておくことが大切です。

アプリで音程練習するときは、音程バーだけを集中的に見ながら歌う必要があります。だから歌詞を追っている暇はありません。歌詞はあらかじめ覚え込んでおきましょう。

メロディ、歌詞が覚えられたら、ガイドメロディの音に合わせて一緒に歌います。

音程バーを見ながら練習する

ガイドメロディと一緒に歌うときには、音程バーをしっかり見ながら歌いましょう。

スマホをマイクのように持ち、スマホ画面を見ずにカラオケアプリを楽しむ人もいますが、音程練習のためには、きちんと画面の音程バーを見ることが重要です。

でも、ただ音程を合わせようとしても難しいものです。
音程を合わせるためには、頭ではなく体で覚えるのがコツです。

音程バーは、音程の高さと低さを視覚的に表してくれます。それに合わせて感覚的に音程を合わせていけば良いのです。

「目で見て音程の高低がわかっても、その音程に声を合わせることができない」人は、手を使ってみましょう。プロの歌手も手を使って音程の高低を表現しています。

手なら声より自由に上げたり下げたりすることができます。
アプリの音程バーに合わせて手を上下させて、メロディラインを体で表現するのです。

その手の動きに合わせるように、声も上下させることで、さらに音程が合いやすくなるでしょう。
ガイドメロディと一緒に歌って音程が合いやすくなったら、徐々にガイドメロディの音量を下げていきます。

ガイドメロディに頼らなくても、メロディが歌えるようにしていきましょう。

音程をリアルタイムで調整する

音程バーがついているアプリの多くは、同時に自分の歌っている音程がリアルタイムで表示される機能も搭載しています。

音程バーで歌うことに慣れてきたら、次は音程バーと自分が歌っている音程のずれを見ながら歌い、リアルタイムで音程を調整していきましょう。

正しい音程に対して、自分の音程がどのようにずれているのか視覚的に見ることができるので、その都度自分のずれを調整する力が鍛えられます。

録音機能を使って分析する

音程バー機能のついているアプリで練習すれば、徐々に音程が合いやすくなります。
さらに効果を上げるためには、録音機能で練習すると良いでしょう。

歌っている最中は、音程を合わせようと必死になります。だから自分の声を聞いているつもりでも、しっかり聞けていないことが多いです。録音することで、自分の声を冷静に分析することができます。

すると、自分の音程がずれる傾向をより詳しく理解できるのです。
自分の歌声を再生し、音程バーとずれているフレーズがあれば、印刷した歌詞にチェックをつけてください。原曲を聞いてそのフレーズを繰り返し練習しましょう。

再度カラオケアプリで歌い、ずれやすいフレーズになったら、特に集中して音程バーに合わせるようにしてください。

さらに、音程バーに対して、上にずれやすい、下にずれやすいという傾向もわかってきます。上にずれやすい人は音程バーのやや下を狙って歌う、下にずれやすい人は音程バーのやや上を狙って歌うようにすると合いやすくなります。

採点機能を使う

音程バーを使った練習の最後のステップは採点機能です。
カラオケ採点システムのように、カラオケ採点機能がついているアプリもあります。

客観的に音程の良し悪しを評価してもらえるので、さらに音程のずれを修正しやすくなります。総合点だけでなく、音程バーに対する正解率を表示してくれるアプリもあります。

点数が低い場合は、録音した声を聞いて、どの部分の音程が悪いのか確認しましょう。その部分を修正して、また採点するという練習を繰り返していきます。

音程練習は地道な練習が必要です。でも、採点機能があるとモチベーションを上げてくれるので、ぜひ活用してみてください。

実際にカラオケボックスで採点システムを使うときの練習にもなるでしょう。

おすすめアプリは「Sing Sharp」と「カラオケDAM」

音程バーのついたアプリなら、音程が合うようになってきます。
カラオケボックスや教室と違い、いつでも好きな時に練習できるのでどんどん音程力が鍛えられるでしょう。

それでは実際にどんなアプリで練習すれば良いのでしょうか。
当サイトおすすめアプリは「Sing Sharp」と「カラオケDAM」です。

Sing Sharp

Sing Sharp
(画像出典:Sing Sharp)

Google Play:Sing Sharp

様々な角度から歌い方をサポートしてくれる、歌練習アプリです。
登録は無料ですが、アプリ内課金があります。

海外のアプリなので英語表記が苦手な人は少し使いづらさがあるかもしれませんが、スタイリッシュな雰囲気はおすすめです。

歌が上手くなるための、「歌う機能」「録音機能」「再生機能」が搭載されています。
ゲーム感覚で楽しく練習できるところが人気です。全世界のユーザーが楽しくボイストレーニングをしています。

このアプリのおすすめポイントは、リアルタイムで表示される音程バーです。
とても見やすく歌いやすい音程バーになっているので、音程が合いにくい人でもスムーズに音程を合わせることができるでしょう。

丁寧に音程練習ができる音階練習ができるコンテンツもあるので、音程に自信がない人におすすめのアプリです。

録音機能を使って自分の音程を確認すれば、聞く力も鍛えられるでしょう。
採点機能はついていません。

シンプルに音程練習をしたい人に試していただきたいアプリです。

カラオケ@DAM-精密採点ができる本格カラオケアプリ

カラオケ@DAM-精密採点ができる本格カラオケアプリ
(画像出典:カラオケ@DAM-精密採点ができる本格カラオケアプリ)

Google Play:カラオケ@DAM-精密採点ができる本格カラオケアプリ
App store:カラオケ@DAM-精密採点ができる本格カラオケアプリ

カラオケ採点と言えばDAMという人は多いでしょう。カラオケ採点番組でも多く使われています。
そんなカラオケDAMの音と映像がそのままアプリになった、カラオケファンに嬉しいアプリです。

約14万曲が歌い放題で、料金は3種類。7日間で600円、30日間で1,100円、365日で11,000円となっています。他のアプリに比べると少し料金が高めに見えますが、カラオケボックスに行くことなくDAM採点を使えると考えればリーズナブルと言えます。

カラオケDAMと同じ音程バーが出てくるので、カラオケと同じ感覚で練習できるところが嬉しいです。
録音、撮影ができるレコーディング機能もついているので、自分の弱点を克服することができるでしょう。

このアプリの一番の魅力はカラオケDAMの採点システム「精密採点」が搭載されていることです。ただ点数が出るだけの採点結果ではなく、分析レポートやチャートが表示されます。正しい音程に対して、自分の音程がどれくらい合っていたかがわかる音程正解率も出てきます。

ガイドボーカル機能がついているので、音程に自信がない曲でもしっかり練習することができます。
カラオケDAM採点で、より実践的に音程練習がしたい人におすすめのアプリです。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回はカラオケの音程練習のために、音程バー機能がついたカラオケアプリに注目してご紹介してきました。
カラオケで上手に歌うために欠かせないのは音程を合わせるテクニックです。でもたまにカラオケボックスで歌うだけでは、なかなか音程練習をすることは難しいでしょう。

音程バーがついたアプリなら、いつでも気軽に練習することができます。音程バーに合わせて歌うだけで徐々に音程を合わせるコツが体でわかってきます。自分の音程がリアルタイムでわかる機能、録音機能などを使えばさらに音程力を鍛えることができるでしょう。

数百円で試すことができるのがアプリの魅力です。「カラオケで音程がずれて恥ずかしい思いをしている」「もっと音程を合わせてカラオケ高得点を狙いたい」という人はぜひ試してみてください。