カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケデート2人きり気まずい…会話で歌わない、相手が歌っているときの掟

2人だけで盛り上がれるカラオケデートは楽しいですよね。

しかしながら、「カラオケに行けば必ず盛り上がるから安心」と思うのは間違い。

カラオケデートは失敗するケースが多いのも事実です。楽しいはずのカラオケデートが気まずいものになると、その後の関係が上手くいかなくなるかもしれません。

そこで今回は、カラオケデートを盛り上げる方法を考えていきたいと思います。

2人のカラオケが気まずくなる理由を考えると、2人で盛り上がる方法がわかるでしょう。

その方法とは「リラックスして歌う」「会話をして歌わない時間を作る」「相手が歌っている時は気遣いが大事」「事前練習をしておく」「選曲を考える」の5つのポイントです。

このようなポイントをおさえることで、2人のカラオケデートが盛り上がり、相手を魅了することができます。

カラオケデートはただ何となく行ってしまうと失敗する可能性が高いです。しかし、しっかり対策を考えておけば、素敵なカラオケデートになるでしょう。

カラオケデート2人きりで気まずい!うまくいかない5つの理由

カラオケデート2人きりで気まずい!うまくいかない5つの理由

カラオケデートは、音楽の趣味やお気に入りのアーティスがわかることで、より相手のこを知ることができるでしょう。

一緒にカラオケに行くと特別な一体感が生まれるため、カラオケデートは二人の距離を一気に縮めることができるメリットがあります。

しかしながら、カラオケデートには2人きりで気まずいというデメリットもあるので注意が必要です。

カラオケデートを盛り上げるために、まずはうまくいかない理由から考えてみたいと思います。

カラオケデートには、「緊張してしまう」「飽きてしまう」「相手が歌っている時にどうすればいいかわからない「上手く歌えない」「選曲を間違えている」といったうまくいかない理由が考えられます。

1つずつご説明しましょう。

①緊張してしまう

カラオケデートが2人で気まずい理由として、緊張してしまうことが挙げられます。

カラオケデートでは、より素敵に歌おうと思うため、ガチガチに緊張してしまう方は多いでしょう。

友達と歌うときは上手く歌えても、デート1対1で歌うと緊張して下手になってしまうかもしれませんね。

緊張したままだと、カラオケが盛り上がらずに気まずい時間が流れてしまうでしょう。

②飽きてしまう

カラオケデートが気まずくなる理由として、飽きてしまうということもあるでしょう。

複数人で行くカラオケの場合は、たくさんの人の歌声を聞くので飽きることはありません。

しかし、2人きりのカラオケの場合は相手の歌しか聞かないため、飽きてしまうこともあるでしょう。

ただ2人で歌っているだけだと、カラオケデートは意外と飽きてしまいます。

自分は飽きていなくても、相手が飽きていると感じることもあるかもしれませんね。

③相手が歌っているときにどうすればいいかわからない

2人きりのカラオケデートで困るのは、相手が歌っていないときにどうすればいいかわからないということでしょう。

これもカラオケデートが気まずくなる原因の1つです。

自分が歌っている時は良くても、相手が歌っている時は間が持たない、どうすればいいかわからない…となってしまいます。

結局、ただリモコンで次に歌う曲を選んでばかりになってしまうと、どんどん盛り下がってしまうでしょう。

④上手く歌えない

カラオケデートが盛り上がらない理由として、上手く歌えないということもあります。

男性も女性もカラオケデートでかっこよく歌えると相手を魅了することができます。

カラオケは自分の魅力をアピールできる絶好の場と言えます。

反対に歌が下手だと、一気にイメージダウンしてしまうでしょう。

カラオケに自信がない人にとって、カラオケデートはハードルが高いと言えます。

また、カラオケに自信がある人でも、デートのときは緊張して上手く歌えないことも多いです。

カラオケデートをするまでは上手くいっていたのに、カラオケで下手な歌を聞かせてから関係がギクシャクしてしまった…なんて気まずい状況もあるでしょう。

⑤選曲を間違えている

カラオケデートで気まずくなる理由は、選曲を間違えてしまうということです。

カラオケデートで相手を魅了させるためには、選曲が非常に大事です。

しかし、あまり考えずに歌いたい曲を選ぶ方は多いです。

相手が知らない曲を歌ってしまうと、気まずい思いをさせてしまうかもしれません。

情熱的すぎるバラードを歌って相手を引かせてしまうこともあります。

 

2人きりのカラオケデートは、このような理由から盛り上がらないことが多々あります。

「カラオケなら間違いない」と思って気軽にカラオケデートをすると、後悔するかもしれませんね。

次の章では、このような盛り上がらない理由をもとに、カラオケデートの気まずいを解消し、2人で盛り上がる方法を考えたいと思います。

カラオケデートの気まずいを解消!2人で盛り上がり魅了するための5つの方法

カラオケデートの気まずいを解消!2人で盛り上がり魅了するための5つの方法

意外と盛り上がらずに気まずくなることが多いカラオケデート。しかし、盛り上がるためのポイントをおさせておけば、2人で楽しく盛り上がることができるでしょう。

その方法とは、「リラックスして歌う」「会話をして歌わない時間を作る」「相手が歌っている時は気遣いが大事」「事前練習をしておく」「選曲を考える」という5つのポイントです。

①リラックスして歌う

「緊張してしまう」ことでカラオケデートでが気まずくなることがあります。

カラオケデートを楽しむためには、まずリラックスして歌うことを意識しましょう。

リラックスして歌うことで相手の緊張がほぐれて、楽しく盛り上がることができます。

具体的には、「歌う前に体をリラックスさせる」「一緒に歌って緊張をほぐす」「楽しく歌う」「一緒に歌ってもらう」ことが効果的です。

詳しくご説明しましょう。

歌う前に体をリラックスさせる

いつものカラオケだと緊張しない方でも、2人きりのカラオケデートだと緊張して上手く歌えないでしょう。

カラオケデートで歌う時には、いつも以上にリラックスして歌うことを意識する必要があります。

リラックスして歌うためには、歌う前に体をリラックスさせることが大切です。

肩や首に力が入ってしまうと、緊張するだけでなく、声が上手く通らずに上手く歌うことができません。

肩をギューッと上に上げてからストンと落とすと肩の力を抜くことができます。

首はゆっくり回して筋肉をほぐしましょう。深呼吸をして気持ちを落ちつかせるだけでもリラックス状態になれますよ。

あまり大袈裟にするとわざとらしくなってしまうので、さりげなくしてくださいね。

一緒に歌って緊張をほぐす

リラックスして歌うためには、発声練習も大事です。しかし、カラオケデートで歌う前に発声練習するのはちょっと難しいですよね。

そこでおすすめなのが、相手が歌っている時に一緒に歌ってさりげなく発声練習することです。

マイクを持って歌うと緊張する方も、相手が歌っている時ならマイクなしで練習できるので緊張をほぐすことができるでしょう。

楽しく歌う

リラックスしてカラオケを楽しむためには、とにかく楽しく歌うことが大事です。

相手も上手に歌うことより、楽しんでほしいと思っているはず。

上手に歌おうとすればするほどガチガチに緊張して下手になってしまいます。

上手に歌おうとするのではなく、楽しく歌うことを意識することで、結果的に上手に歌えるようになります。

一緒に歌ってもらう

なかなかリラックスして歌えない場合は、相手に一緒に歌ってもらいましょう。

緊張して上手く歌えない方も、一緒に歌ってもらえばリラックスして歌いやすくなります。

相手の好きな曲を予約しておけば自然に一緒に歌ってくれるでしょう。一緒に歌うことでさらに親密な関係になれるかもしれませんね。

 

このように、「歌う前に体をリラックスさせる」「一緒に歌って緊張をほぐす」「楽しく歌う」「一緒に歌ってもらる」ことで、緊張してうまく歌えない方も、リラックして楽しく歌うことができるでしょう。

あなたがリラックスして歌うことができれば、相手の緊張もほぐれて盛り上がることができるでしょう。

気まずさが軽減されて、2人でカラオケデートを楽しむことができますね。

②会話をして歌わない時間を作る

カラオケデートが気まずくなる理由として、「飽きてしまう」ことも挙げられます。

大勢のカラオケだと飽きることがなくても、2人だけだとひたすら歌うだけなので意外と飽きてしまうものです。

これを避けるためには、会話をして歌わない時間を作るのがベストです。

以下のような方法だと、さりげなく歌から会話の時間にシフトできるでしょう。

本人映像曲を選曲しておく

カラオケにはカラオケオリジナル映像の曲と、本人映像曲がありますよね。

本人映像曲はPVが流れるので、歌わなくても映像を見るだけで楽しむことができます。

「ちょっと飽きてきたな…」と思ったら、相手が好きなアーティストの本人映像曲を入れておくと良いでしょう。

あえて歌わなくても、映像を見て盛り上がることができますね。映像があると、沈黙で会話がなくなるという気まずさもないのでおすすめです。

そのまま何曲か本人映像曲を入れて、会話を楽しみながら視聴しましょう。

相手が好きなフードを注文しておく

そろそろ飽きてきたというタイミングで、相手が好きなフードを注文しておくのも良いでしょう。

フードが届いたら一旦歌うのをやめて、会話の時間にしやすいですよね。

食べたり飲んだりしながら、自然と会話を楽しむことができるでしょう。

さりげなく食べたいもの、飲みたいものを注文しておくと、気が利いているところもアピールできますよ。

 

カラオケデートでありがちな失敗は、2時間歌うだけで終わってしまうことです。

カラオケデートは歌うことだけが目的ではなく、楽しく会話をすることでもありますよね。

このようにして歌わない時間を作ることで、自然と会話を楽しむことができるでしょう。

特に相手がカラオケが下手な人、苦手な人の場合は、会話を多くすると楽しんでもらえるでしょう。

③相手が歌っている時は気遣いが大事

カラオケデートが盛り上がらない理由として、「相手が歌っているときにどうすればいいかわからない」ということも挙げられます。

大勢のカラオケの場合は、自分が歌う時だけ気をつけていれば他の人が歌っている時は比較的自由ですが、カラオケデートの時はそうはいきません。

相手が歌っている時の行動は重要。しかし、どうすれば良いのかわからず結局リモコンで検索ばかりしてしまう方は多いでしょう。

カラオケデートを盛り上げるためには、相手が歌っている時に気遣いをすることが大事です。

具体的には、「相手の歌をちゃんと聞く」「一緒に歌う」「拍手や楽器で盛り上げる」「ドリンクなどをさりげなくオーダーしておく」と多岐にわたります。

詳しくご説明しましょう。

相手の歌をちゃんと聞く

カラオケデートを楽しんでもらうためには、ちゃんと相手の歌を聞くことが大事です。

相手が歌っているときに次の曲を探したり、スマホを頻繁にチェックするのは控えましょう。

そして、曲が終わったら一言コメントをすることがとても大切。何もリアクションをしないと、相手を不安な気持ちにさせてしまうかもしれません。

上手なら「すごく上手だったね!」と褒めてあげるのはもちろん、下手であっても「この曲は難しいよね…」など暖かいフォローをすると良いですね。

「この曲いいよね」と選曲を褒めてあげるのも良いでしょう。

一緒に歌う

相手が音程やリズムがわからなくて困っていたら、さりげなく一緒に歌ってあげましょう。

自信がないときに一緒に歌ってもらえると楽しく歌うことができます。

知らない曲であっても、なんとなく一緒に歌っているだけでも全然違いますよ。

だだし、相手が上手く歌っている時、気持ちよく歌っている時に無理やり大声で割り込むのはルール違反なので気を付けてくださいね。

拍手や楽器で盛り上げる

歌に自信がない方は、一緒に歌うだけでなく、拍手や楽器で盛り上げるのもおすすめ。

2人だけでのカラオケはどうしても静かになってしまい気まずくなりがちです。

拍手は楽器で盛り上げれば、にぎやかな雰囲気になるので気まずさが軽減されますよ。

ずっと手を叩いていると疲れてしまいますので、サビの部分だけ拍手する、盛り上がる曲の時だけ拍手するなどメリハリをつけると良いでしょう。

カラオケデートではタンバリンなどの楽器も効果的。リズム感がなくてもただ叩いているだけで盛り上がることができるので便利です。

ドリンクなどをさりげなくオーダーしておく

相手が歌っている時の時間に気まずさを感じる時は、ドリンクなどをさりげなくオーダーしておくのも良いでしょう。

相手の好みをチェックしておいて、好きなフードやドリンクを注文できたらベストですね。

内線電話の近くや出口側に座ると、自然にドリンクを注文したり受け取ったりできるので◎です。

 

このように、相手が歌っている時は、「相手の歌をちゃんと聞く」「一緒に歌う」「拍手や楽器で盛り上げる」「ドリンクなどをさりげなくオーダーしておく」といった方法で、相手を気遣うことが大事です。

そうすれば、相手にカラオケデートを楽しんでもらうことができて、相手が歌っている時に何をすれば良いかわからず気まずい…ということもなくなるでしょう。

⑤事前練習をしておく

カラオケデートが盛り上がらない、気まずい大きな理由は「上手く歌えない」ことではないでしょうか。

上手く歌えずにかっこ悪い姿を見せてしまうと、その後の2人の関係にも悪影響を与えてしまうかもしれません。

カラオケデートでも、その後の関係においても気まずい思いをしないためには、事前練習をしておくことが大事です。

まず歌詞、音程、リズムは覚えておくこと、さらにカラオケアプリで練習しておくと良いでしょう。

歌詞、音程、リズムを覚えておく

カラオケが苦手でも得意でも、カラオケデートの前には練習しておく必要があります。

サビだけわかるレベルの曲を歌ってしまうと、音程もリズムも歌詞も疎かになり失敗してしまうでしょう。

特に2人きりで緊張してしまうと、いつも以上に上手く歌えないことが多いのでしっかり歌い込んでおくことが大事です。

歌詞、音程、リズムは覚えておく必要があります。

特に歌詞がわからないと、モニターばかりを見て歌うことになってしまうので、相手を見る余裕がありません。

歌詞を覚えておけば、モニターを見ずに相手を見ながら歌えるので盛り上げることができるでしょう。

カラオケアプリで練習する

具体的なカラオケ練習方法としてご紹介したいのは、カラオケアプリを活用することです。

YouTubeなどを見たり聞いたりしながらカラオケ練習するのも良いですが、カラオケアプリなら、本番のような練習ができるのでおすすめです。

おすすめアプリは「カラオケJOYSOUND」です。

google Play カラオケJOYSOUND

有料にはなりますが、実際のカラオケボックスのようにカラオケ採点が自宅でもできるので、カラオケ上達に役立つでしょう。

カラオケ練習に最適なアプリは、こちらの記事「カラオケ練習が自宅でできる!おすすめアプリ」で詳しくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

思い付きでカラオケデートに行くのではなく、計画的に練習しておくことで、かっこいい歌声で相手を魅了できるでしょう。
何度も練習している曲なら自信を持って歌うことができるので、上手く歌えなくてかっこ悪い…という失敗は少なくなりますよ。

⑥選曲を考える

最後にご紹介するのは、「選曲に困る」という問題を解消する方法です。

カラオケでは選曲が悪いと気まずい状況に陥ってしまいます。選曲をよく考えることで、そのような失敗を回避していきましょう。

そのためにはその場で決めるのではなく、事前に歌う曲を決めておくことがとても重要です。

間違った選曲をする失敗がなくなるだけでなく、相手が歌っている最中にリモコン操作ばかりしていることがなくなります。

時間をかけずにスマートに選曲するようにしましょう。

選曲をするときのルールは歌いたい曲ではなく、二人で楽しめる曲を選ぶことです。

ポイントは「相手の好きな曲を選ぶ」「相手との関係性を考えた曲を選ぶ」「マニアックな曲は避ける」「好きな曲より定番曲を選ぶ」ことです。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

相手の好きな曲を選ぶ

カラオケデートを盛り上がるためには、相手の好きな曲を選ぶことが大切です。

デート相手に自分の好きな曲を歌ってもらえると嬉しいですよね。一緒に歌うこともできるので2人で盛り上がることができるでしょう。

ただし注意したいのが、相手が好きな曲は上手く歌うということです。

好きなアーティストの曲を下手に歌われたら幻滅してしまいますよね。

事前に相手の好きな曲をリサーチしておくこと、さらに練習しておくことが大事です。

相手との関係性を考えた曲を選ぶ

カラオケデートで気まずくなってしまう曲は、相手との関係性を考えずに選んだ曲でしょう。

例えば、数回目のデートで情熱的なラブソングを歌っても相手に引かれてしまうでしょう。

相手に恥ずかしい思いをさせてしまうような曲は避けるのが賢明です。

しかし反対に、相手との関係が深まってきたところで歌う情熱的なバラードはとても効果的。

曲を選ぶときには、二人の関係性を考えることが大切ですね。

あまり知らない曲を適当に選曲してしまうと、歌詞が微妙で気まずくなる…という恐れもありますので、歌詞はしっかりチェックしておきましょう。

マニアックな曲は避ける

どんなに自分が好きな曲でもマニアックすぎる曲は避けたほうが無難です。

自分の趣味に偏った選曲は、相手を飽きさせてしまい、気まずい空気になってしまうでしょう。

相手と趣味がマッチするマニアック曲なら良いですが、相手が知らないマニアック曲は避けましょう。

二人の関係が深まってきたら、徐々にマニアックな曲を1曲、2曲歌ってみるのは良いですね。

好きな曲より定番曲を選ぶ

カラオケで選曲する時は、自分が好きな曲、歌いたい曲を選ぶでしょう。

しかしカラオケデートで2人で楽しむためには、好きな曲より定番曲を選ぶことが大事です。

自分の好みは一旦おさえて、定番のデート曲をセレクトすると良いでしょう。

以下のような曲なら、カラオケデートを2人で楽しむことができますよ。

まずは、男性向けのカラオケデート定番曲からご紹介しましょう。

「I LOVE…」Official髭男dism

好感度の良さを狙うならOfficial髭男dismの曲はおさえておきたいところ。

「I LOVE」の歌詞は少し恥ずかしいかもしれませんが、ポップなメロディなのでさらりと歌えるでしょう。

「愛唄」GReeeeN

好きな男性から歌って欲しい定番曲です。とにかく歌詞が素敵なので、女性を魅了することができるはずです。

ストレートに気持ちを伝えたい時に歌いたい楽曲ですね。

「恋」星野源

軽快なメロディと可愛い歌詞がカラオケデートにピッタリの楽曲です。

軽くダンスもできたら、さらに相手を魅了ことができるしょう。

「奏 (かなで)」スキマスイッチ

別れの歌ですが、切ないメロディがとても美しいので、相手を魅了できること間違いなし。しっかり歌い込んで、堂々と歌えるようにしておきましょう。

「抱きしめたい」Mr.Children

1992年リリースの少し古い曲ですが、王道バラードなのでカラオケデートに取り入れたい1曲です。

スローテンポでメロディも比較的わかりやすいので、Mr.Childrenの中でも歌いやすいラブソングです。

 

次に、女性向けのカラオケデート定番曲をご紹介しましょう。

「Darling」西野 カナ

デートで女性に歌ってほしい曲ランキングの常連曲です。

いつもはこんな可愛い曲は歌わないけど…という女性ほど、ギャップが出るのでおすすめです。

「カブトムシ」aiko

こちらの曲も男性ウケ抜群の定番ラブソングです。

ただし、スローテンポなので簡単そうでありながら意外とメロディが難しいので、しっかり練習することをおすすめします。

「CHE.R.RY」YUI

恋のはじまりを歌った爽やかな楽曲です。数回目のデートで歌うとちょうど良いですね。

情熱的なバラードを歌うのは恥ずかしい…という女性にもおすすめです。

さりげなく可愛らしさをアピールできるでしょう。

「ごめんなさいのKissing You」E-girl

E-girlは男性ウケが良い曲ばかりなので、1曲はおさえておきたいですね。

この曲はノリが良くてかわいくてかっこいいのでおすすめ。さぎげなく振付も合わせられたらベターですね。

可愛い歌詞もデートにピッタリです。

「ヘビーローテーション」AKB48

この曲なら、2人きりだと緊張してしまうという時に、緊張を和らげてくれるでしょう。

わかりやすいメロディラインなのでリラックして歌えるところも嬉しいです。

本人映像を見ながら、軽くダンスをしながら歌うのがおすすめです。

カラオケデートで気まずくなる理由を考えて、盛り上がる方法を考えよう

カラオケデートで気まずくなる理由を考えて、盛り上がる方法を考えよう

今回はカラオケデートで気まずいを避けるための方法を考えてきました。

カラオケデートで盛り上がらない場合は、その理由を考えてみましょう。

その理由を解消することで、カラオケデートを盛り上げる方法がわかります。

今回ご紹介した「リラックスして歌う」「会話をして歌わない時間を作る」「相手が歌っている時は気遣いが大事」「事前練習をしておく」「選曲を考える」の5つのポイントをおさえると、2人で気まずくなることが軽減され、カラオケデートを楽しむことができます。

カラオケデートが上手く行くと、「次はこの曲を歌えるように練習してきてね。」とリクエストしたり、「次までもっとレパートリーを増やしてくるね」など、自然に次の約束ができるでしょう。

2人の関係を進展させるためにも、カラオケデートを盛り上げる方法を実践していきましょう。