カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケでかっこいい男に見させるコツ!3つの要素がある!

カラオケはかっこいい男になれるチャンスです。
歌が上手くないからかっこいい男にはなれないと諦めている男性でも大丈夫。

カラオケでかっこよく見させるためには、必ずしも歌が上手い必要はありません。
かっこいい男に見せるコツを抑えてさえいればよいのです。

カラオケでかっこいい男に見えるコツは3つ。「曲の選び方」「歌い方」「気遣い方」です。
カラオケで女性ウケアップ間違いなしのテクニックなので、ぜひ参考にしてみてください。

カラオケでかっこいい男に見させる3つのコツ

カラオケでかっこいい男に見させる3つのコツ

「カラオケでかっこいい男=かっこよく歌が歌える男」と思っていませんか?実はそうではありません。

「かっこよく歌が歌える男」を目指していると、いつまでたっても「かっこいい男」と見られません。

カラオケでかっこよく見せるためのコツは「かっこよく歌う姿を見てほしい」「かっこいい曲を聞いてほしい」という自己中心的な考え方をやめることです。

自分だけでなくみんなを楽しませようとする男性がかっこいいと見られるのです。
「おれが、おれが」と自己主張するのではなく、周りの雰囲気を考えて行動することで、自然とかっこいいと見せることができます。

そのために必要なコツは、選曲、歌い方、気遣いの3要素です。詳しくご説明していきましょう。

かっこいい男に見させる曲の選び方

かっこいい男に見させる曲の選び方

選曲のコツは、「かっこいいと思う曲」ではなく「かっこいいと思われる曲」を選ぶことです。そうすれは、かっこいい男に見させることができます。
具体的にOKな選曲とNGな選曲を見ていきたいと思います。

OKな選曲

まずは「かっこいいと思われる」ためにOKな曲から見ていきましょう。

みんなが知っている曲

女性目線で考えてみましょう。
どんなにかっこよく歌えている男性がいても、自分がその曲を知らないとシラケてしまいます。歌に入り込めないからです。

でも知っている曲を歌われると「上手いな~」「かっこいいな~」という気持ちがより高まるでしょう。

より多くの女性にかっこいいと思ってもらうためには、みんなが知っている曲を選ぶことが重要なのです。

さらに、みんなが知っている曲を歌えば、みんなで盛り上がることができます。
盛り上げ上手な人な男性は女性にモテます。多少歌が下手でも、場を盛り上げることができたら、女性からの評価は一気に上がるでしょう。

「女々しくて/ゴールデンボンバー」

カラオケで盛り上がれる曲と言ったら、この曲でしょう。
1曲目に何を歌うか迷っていたら、この曲で勢いをつけるのがおすすめ。少し音程が合わなくても、ノリだけで盛り上げることができます。

「みんなを盛り上げるために歌ってくれているんだ」と、あなたの評価が上がるはずです。

爽やか系の曲

かっこいいと見せたいなら無難な曲が良いでしょう。
ヴィジュアル系などの難しい曲に挑戦すると、一部の人にはかっこいいと思われても、拒否反応を示す女性もいるからです。

無難にかっこいい曲の基準は「爽やか系」です。
爽やかな系の曲は誰からも好印象を受けます。

「SUN」星野源

星野源さんの曲は何曲かおさえておきたいところ。センスが良い曲が多いので女子ウケ抜群です。

「恋」も良いですが、この曲もおすすめ。「Ah,ah,ah,ah,ah」と続く部分はみんなで一緒に歌って盛り上がれるところもポイントです。

バンド系の曲

モテたいからバンドを始めたというバンドマンはたくさんいます。
どの時代も、バンド系の曲は女性ウケが良いのです。

カラオケでもバンド系の曲を歌えば、かっこいいと思われやすいでしょう。
さらに、バンド系の曲はかっこよく歌いやすいというメリットがあります。

ヒップホップはR&Bをかっこよく歌い上げるのはかなりのテクニックが必要です。
でも、バンド系の曲は、それほど音程やリズムが難しくなく、勢いでかっこよく歌うことができます。

歌に自信がない人でも、比較的上手く歌うことができるでしょう。
ストレートな愛のメッセージが込められたバンド系の曲ならさらに◎です。

「花束」back number

女性が男性に歌ってほしいバンドとして有名なback number。
コテコテのラブソングではなくサラリとしたラブソングなので、女性に引かれることがありません。自己中心的ではありませんが、さりげなく自分の想いを伝えられるラブソングなところがポイントです。

NGな選曲

次に「かっこいいと思われない」NG曲を見ていきましょう。
「かっこよく歌う姿を見てほしい」と思って選曲すると、このようなNG曲を選びがちになるので要注意です。

マニアックな曲

かっこいいと思われたくてありがちなのが、知る人ぞ知る名曲を選ぶことです。
「こんなかっこいい曲を知っていることを自慢したい」と思う男性は多いでしょう。

でも、どんなにかっこいい曲をかっこよく歌えたとしても、マニアックすぎる曲はかっこいいと思われにくいです。知らない曲だと心に響きにくいからです。

あなただけが盛り上がってしまい、周りをシラケさせてしまう恐れがあります。
洋楽も歌詞がわからず盛り上がりにくいのでNGです。

ヴィジュアル系の曲

「かっこよく歌う姿を見てほしい」というタイプの男性が選びがちなのがヴィジュアル系の曲です。

ヴィジュアル系の曲が悪いわけではありませんが、どうしてもナルシストな歌い方になってしまうので控えたほうが良いでしょう。

自分に酔いしれた歌い方はかっこいいと思われないばかりか、かっこ悪いと思われてしまう恐れもあります。

ラップ系の曲

ラップで場を盛り上げようと頑張る男性もいますが、聞いている人はノリ方がわからないので逆効果になるケースが多いです。また、ラップは少しでもリズムがずれてしまうと一気にかっこ悪くなってしまうので、リスクが高い選曲とも言えます。

EXILE系の曲

EXILE、J SOUL BROTHERSの曲は女性ウケが良いでしょう。ノリがよいのでかっこよく場を盛り上げることができます。

でも、しつこくEXILE系の曲ばかり選ぶと逆にかっこ悪く見られます。かっこいいアピールをしすぎるのは逆効果になることを覚えておきましょう。
EXILE系の曲は1曲に留めておくのが無難です。

このように、意外とNGな曲が多いことがおわかりいただけたと思います。NG曲を消去法で選曲していきましょう。

かっこいい男に見させる歌い方

かっこいい男に見させる歌い方

選曲が上手くいっても、歌い方で失敗するケースもあります。
かっこいい男に見させるための歌い方についてご説明していきましょう。

OKな歌い方

まずは「かっこいい男に見させる」OKな歌い方から見ていきましょう。

普通に歌うこと

かっこいい男に見られる歌い方は、ズバリ普通に歌うことです。
「それだけ?」と思うかもしれませんが、これに尽きると言えます。

かっこよく見せようとやりすぎる歌い方は女性に嫌われる傾向があります。これは間違いありません。

逆に恥ずかしがって小さい声で歌ったり、つまらなそうに歌うのも印象は良くないでしょう。

普通に歌うことが一番ちょうど良いのです。かっこいい男に見られやすいのです。
「普通に歌うのがどんな感じなのかわからない」なら、普段一人で歌うときのような歌い方をイメージしましょう。

誰かに聞かれていると思うと「かっこよく歌わなきゃ」と思い力が入ってしまいます。誰も聞いていないことを想定して歌うと、自然な歌い方ができるのでおすすめです。

冷静に歌うこと

かっこいいと思われるプロの歌手は、意外と冷静にパフォーマンスしています。
カラオケでも冷静に、クールに歌うことがかっこいいと思われるでしょう。

自分の世界に浸ったり、喜怒哀楽を全面に出し過ぎる必要はありません。
普段明るいキャラクターの男性ほど、カラオケで冷静に歌うと、そのギャップがかっこよく見えるのでおすすめです。

冷静に歌うためには、リラックスする必要があります。盛り上がり過ぎたり、緊張しているとクールな歌い方はできません。
そのために最もおすすめな方法は、深呼吸をすることです。

定番のリラックス方法ですが、やはり効果てきめんです。
呼吸は自律神経に働きかけで、心と体をリラックスさせる効果があります。

ポイントは「吸って、吐いて」ではなく「吐いて、吸って」で深呼吸することです。
緊張したり盛り上がりすぎている時は、過呼吸気味になっています。そこで「吸って」をしても逆効果になるだけです。

まずしっかり「吐いて」、そのあと鼻から息をしっかり吸うと、リラックスすることができるでしょう。

NGな歌い方

次に「かっこいい男に見えない」NGな歌い方を見ていきます。

こだわりすぎる

カラオケでかっこいい男に見られたいと思うと、上手に歌うことに執着していまいます。
そのような男性は音量や音程調整に一生懸命になるケースが多いですが、これは逆効果。

練習カラオケのときは、調整にこだわることが重要ですが、周りからかっこいいと見られたいなら、細かいことにはこだわらずにサラッと歌うようにしましょう。
選曲にこだわりすぎて時間をかけるのもNGです。

不自然なマイクの持ち方

ラッパーやヴィジュアル系のようなマイクの持ち方は控えましょう。マイクの先端を上に向けるような持ち方、小指を立てた持ち方がかっこいいと思っている男性もいますが、かっこ悪いと思われる可能性が高いです。

また、かっこよく見せようとしていなくても、自然とかっこつけた持ち方になることもあるので気を付けましょう。

かっこいい男に見せようとする歌い方は逆効果になりやすいです。頑張り過ぎない普通の歌い方、クールな歌い方を心掛けることで、女性ウケがアップするでしょう。

かっこいい男に見させる気遣い方

かっこいい男に見させる気遣い方

かっこいい男に見させるための選曲、歌い方をご説明してきましたが、それらと同じくらい重要なのが、かっこいい男に見させるための気遣い方です。

カラオケでは歌う以外の行動が重要になります。
周りの雰囲気を考えて気遣いをする男性が、間違いなく「かっこいい」と思われます。そしてそんな気遣い上手な男性の歌は、さらにかっこよく聞こえるのです。

OKな気遣い方

「かっこいい」と思われるためには、正しい気遣いが必要です。

楽しませる

カラオケで「かっこよく見える=歌が上手」ではありません。
本当に歌が上手い男性なら、かっこいい歌声で盛り上げれば良いでしょう。

でも、それほど上手でない男性なら、楽しませることでかっこいい男をアピールしましょう。

「どうやって楽しませれば良いかわからない」人におすすめしたいのが、タンバリンやマラカスを使った盛り上げ方法です。

楽器が得意でなくても、リズム感がなくても、タンバリンやマラカスなら簡単に使うことができます。バラードなどの落ち着いた曲の時には使えませんが、盛り上がる曲の時には、率先して、タンバリン、マラカスで盛り上げ役に徹しましょう。

自己中心ではなく、みんなを楽しませようとすることで、結果的に自分に注目が集まりかっこいいと見られるはずです。

上手くない人のフォローをする

グループでカラオケに行くと、必ずあまり上手ではない人がいるでしょう。
そんな人をフォローしてあげることも大切です。一緒に曲を選んであげたり、自信がなさそうに歌っていたら一緒に歌ってあげるのも良いでしょう。

ほとんどの女性にとって「優しい男性=かっこいい男性」です。
その人だけでなく、周りの人に対してもかっこいい男をアピールすることができるでしょう。

フード、ドリンクを注文する

飲み会の席などでも、スマートにフード、ドリンクの注文ができる男はかっこいいと見られます。

ドリンクが減ってきたら次の注文をしたり、部屋にフード、ドリンクが届いたら、率先して受け取りましょう。このとき、店員さんへのあいさつも忘れてはいけません。

そして、これらの気遣いはさりげなくすることがポイントです。アピールしてしまうと、かえってかっこ悪くなるでしょう。

NGな気遣い

気遣いをしているつもりでも、NGなパターンもあります。

気遣いすぎる

周りから良く思われようと、頑張って気遣いをする男性もいます。
でも、気遣いすぎると逆効果になることもあるので注意しましょう。

周りの女性に「自分が気が利かないみたい…」と思わせてしまう可能性もあるからです。
やりすぎない程度に気遣いすることを覚えておいてください。

勝手にハモる

自信なく歌っている人が困っていたら、一緒に歌ってあげるのはOKです。でも、気持ち良く歌っている人に対しても一緒に歌うのはNGです。

かっこよさをアピールするために一緒にハモる男性もいますが、迷惑に思われてしまう可能性が高いです。勝手にハモるのはやめましょう。

一緒に歌いたいなら、選曲するときに「一緒に歌ってみない?」と誘ってみてください。それでOKをもらえたら、一緒にデュエットするようにしましょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回はカラオケでかっこいい男に見させる3つのコツについてご紹介してきました。
カラオケでは歌の上手さが全てではありません。かっこいい男に見られるためには、それ以外の要素が重要な場合もあります。

この3つのコツをおさせることができれば、かっこいい男として見られるようになるはずです。そうすれば、歌にも自信が持てるようになり、歌唱力もアップするでしょう。