カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケ上達の練習曲決定版!女性や男性別で歌を紹介!

歌が上手くなるために、どんな曲で練習していますか?
カラオケ上達のためには、練習曲の選び方が大切です。

上達しやすい曲なら、効率良く練習することができます。

カラオケ上達のための練習曲の条件は「あなたのレベルより少し上の曲」「音域が合っている曲」「練習ポイントがわかる曲」「好きな曲」などです。

今回は、初心者、中級者、上級者におすすめのカラオケ練習曲を男女別にご紹介したいと思います。

カラオケ上達の練習曲決定版です。ぜひ参考にしてみてください。

カラオケ上達のための練習曲の条件

カラオケ上達のための練習曲の条件

カラオケで上手く歌うためには、練習の積み重ねが大切です。
でも、ただ何回も歌えば上手くなるわけではありません。

上達しやすい練習曲で歌うことが重要なのです。
練習曲の条件は以下の5つです。

難しすぎる曲を選ばない

カラオケが上手くなりたいと思うと、難しい曲を選んで練習したくなります。
でも、難しすぎる曲で練習しても、実は効率が良くありません。

上手くなるためには、自分の苦手な部分を見つけて、その部分を集中的に練習して改善していくことが重要です。

しかし、難しい曲で練習すると、苦手な部分だらけになってしまうため、どこを練習すべきかわからなくなってしまいます。

難しい曲を練習しているという満足感だけになってしまうでしょう。

あなたのレベルより少し上の曲を選ぶ

難しすぎる曲ではなく、あなたのレベルに合った曲を選ぶことが大切です。
あなたのレベルより少し上のレベルの曲を選ぶと良いでしょう。

そうすれば、苦手な部分だけをピンポイントで練習して改善できるので、曲の完成度を高めることができるからです。

「自分の音域より少し高音がある曲だから、高音部分を練習しよう」「音程は難しくないけれど、リズムが複雑なのでリズム練習をしよう」「低音から高音への難しいつながり部分を練習しよう」など、練習すべきポイントを明確にできる練習曲を選びましょう。

初心者は歌いやすい曲を選ぶ

カラオケ初心者の人は、はじめは無理をせずに歌いやすい曲で練習することが大切です。
難しい曲に挑戦したくなりますが、まずは歌いやすい曲で練習しましょう。

歌いやすい曲なら余裕を持って歌うことができるので、音程、リズムなどを丁寧に練習することができるからです。

音域が狭く、音程の上がり下がりが少なく、シンプルなリズムの曲が良いでしょう。

歌いやすい曲で練習してカラオケに慣れてきたら、徐々に音域の広い曲、テンポの複雑な曲で練習するようにしていきましょう。

好きな曲を選ぶ

カラオケ練習で大切なことは、何度も繰り返し練習することです。そのためには、好きな曲を選ぶことが絶対条件と言えるでしょう。

共感できる歌詞の曲、サビのメロディが好きな曲、好きなアーティストの曲など、お気に入りの曲なら、自然と練習する回数が増えます。

歌っていてテンションが上がる曲を選びましょう。

音域が合っている曲を選ぶ

練習曲を選ぶときには、音域を確認することが大切です。
音域とは、音の高低の範囲のことです。

その曲の最低音~最高音が、その曲の音域になります。

音域を表すときには「ドレミファソラシド」ではなく、以下のように「low、mid、hi」で表します。
オクターブの違う音をわかりやすくするためです。

ファ
mid1C mid1D mid1E mid1F mid1G mid2A mid2B
ファ
mid2C mid2D mid2E mid2F mid2G hiA hiB
ファ
hiC hiD hiE hiF

男性の一般的な音域はmid1D~hiAです。

女性の一般的な音域はmid1 G~hiEとなっています。

ピアノで「ドレミファソラシド」と弾きながら発声して、あなたが出せる一番低い音、一番高い音を確認しましょう。それがあなたの音域です。

ピアノアプリを使えば簡単に調べることができます。

それぞれの曲の音域は、インターネットで「音域 検索」と検索すると調べることができます。

あまりにもあなたの音域と違う曲を練習曲に選んでしまうと、出せない音が多すぎて練習になりません。

あなたの音域と同じ曲、もしくはあなたの音域より少し広い曲を選ぶようにしましょう。

男性におすすめの練習曲

練習曲の条件についてご説明してきました。

それでは実際に、練習曲としておすすめの曲をご紹介していきたいと思います。

男女別に「初心者向け」「中級者向け」「上級者向け」のおすすめ曲をまとめてみました。

初心者向け

まずは初心者向けの曲からです。
音域が狭く、メロディやリズムがシンプルな曲を選びましょう。

でも、ただ簡単なだけでは練習になりません。
あなたが練習したいポイントがある曲を選ぶことも大切です。

以下は、歌いやすい曲でありながら、練習できるポイントもあるのでおすすめです。

「家族になろうよ」福山雅治

・最低音:lowG#
・最高音:mid2E

キーが低いので、高音が苦手な初心者の男性でも無理なく歌うことができるでしょう。

Aメロ、Bメロは特にメロディがわかりやすいので、しっかり音程を合わせることに集中して練習することができます。

福山雅治さんの曲は、表現テクニックである「しゃくり」を練習することができます。

しゃくりとは、本来の音程よりも少し下の音程から出して、本来の音程まで上げていく歌い回しです。福山雅治さんのような魅力的なしゃくりを練習しましょう。

「小さな恋の歌」MONGOL800

・最低音:lowG#
・最高音:mid2G#

初心者向けの練習曲として定番の曲です。
音域が広くないので非常に歌いやすいです。

テンポがいいので、勢いで歌えるところも初心者向けと言えるでしょう。
でも、ただ簡単な曲というわけではありません。

ロングトーンが多いので、お腹から声を出したロングトーンの練習ができます。

「イージーライダー」奥田民生

・最低音:mid1C#
・最高音:mid2G#

奥田民生さんの曲は、力を抜いて歌える曲が多いので、初心者の練習曲としておすすめです。

力んで歌うと喉に力が入り閉まってしまうため、音程が合いにくくなったり、高音ができにくくなります。逆に力を抜いて喉を開いた状態で歌うと、きれいに響く声が出せるのです。

この曲は、リラックスした状態を練習するのにピッタリ。
音域も狭いので、高音が苦手な男性でもしっかり練習することができます。

「海の声」桐谷健太

・最低音:mid1B
・最高音:mid2F

俳優の桐谷健太さんが浦島太郎として発表した曲。沖縄民謡のようなサウンドが印象的です。

ゆっくりとしたテンポで、メロディがシンプルなので、一つ一つの音を確認しながら丁寧に歌うことができます。
終盤に転調する部分があるので、少し複雑な音程練習をすることもできます。
初心者の音程練習にピッタリの曲です。

「空も飛べるはず」スピッツ

・最低音:mid1G
・最高音:hiA

スピッツの曲は、本格的なボイトレでもよく使われるほど、練習向きの曲です。

メロディもリズムもシンプルで覚えやすいので、初心者でも落ち着いて練習することができます。

しかし、この曲は、音程とリズムを合わせて歌うことは比較的簡単ですが、独特の透明感のある歌い方をするのは難しいです。

音程、リズムがマスターできたら、スピッツらしい歌い方の練習をしてみましょう。
歌い方の幅が広がるはずです。

中級者向け

次にご紹介するのは、少しカラオケに慣れてきた頃に練習していただきたい中級者向けの曲です。

「天体観測」BUMP OF CHICKEN

・最低音:lowG#
・最高音:mid2G#

テンポが速く、音域も広いので、音程を合わせる高いスキルが求められます。

また、この曲は高いキーが続きます。高音部分で力んで歌ってしまうと、後半で疲れてくるでしょう。

力まず高音を出す練習、テンポが速くてもしっかり音程を合わせる練習をすることができます。

「ロビンソン」スピッツ

・最低音:mid1F#
・最高音:hiC#

スピッツの中でも、やや難易度が高い曲です。
サビの高音部分は、高音の音域を広げる練習になるでしょう。

音程は上がったり下がったりするので少し難しいですが、きちんと練習すればマスターできます。
練習結果が見えやすい曲と言えるでしょう。

「しるし」Mr.Children

・最低音:mid1C
・最高音:hiA

Mr.Childrenの中でもやや難しい曲です。

サビは高音が続き、メロディも複雑なので難易度が高いです。終盤で転調するので、さらにキーが高くなります。

しかし、Aメロ、Bメロは音程が低めなので、サビの高音部分だけに集中して練習することができます。

Mr.Childrenの曲は感情を込めて歌いやすいので、表現力の練習にもピッタリです。

「粉雪」レミオロメン

・最低音:mid1B
・最高音:hiA

サビの「こなゆき」の「な」の部分は、バッチリ高音練習ができます。

高音は無理に力んで出してもきれいに出ません。力を抜いて喉を開いて出すことが大切です。この「な」の部分も力を抜くと、スッと出すことができます。

力を抜いて高音を出す練習にぴったりの曲です。

歌い切った満足感のある曲でもあるので、練習のモチベーションアップにもなるでしょう。

「新宝島」サカナクション

・最低音:mid1F
・最高音:hiA

サカナクションの曲も、色々なテクニックを学べるので練習曲としておすすめです。
この曲は最高音はhiAと高めですが、高音が苦手な男性でも歌いやすい曲です。

メロディがシンプルなので、自然と高音を出すことができるでしょう。
また、躍動感がある曲なので、勢いで高音を出すこともできます。

男性の音域を広げる練習におすすめの練習曲です。

上級者向け

ここからは、カラオケ上級者向けの曲をご紹介します。
音程、リズム、表現力などに自信がついてきたら挑戦してみてください。

「完全感覚dreamer」ONE OK ROCK

・最低音:mid2A
・最高音:hiE

ONE OK ROCKらしいロック曲。
全体的にキーが非常に高いです。女性でも高いと感じるほどの曲です。

ただキーが高いだけでなく、リズムも早いので歌詞を早口で歌う部分が多くでてきます。さらに、音程も複雑なので合わせにくいでしょう。

高音、リズムともに練習しがいのある曲です。

「さくら」森山直太朗

・最低音:mid2F
・最高音:hiC

スローテンポな曲なので歌いやすそうに思いますが、とても難しい曲です。
まず、キーがとても高いので、高音練習になります。

さらに、ファルセット(息が漏れた裏声)、ウィスパーボイス(ささやきに近い息もれ声)の練習ができる曲でもあります。

腹式呼吸でお腹から息の量をコントロールする練習にもなるでしょう。

「瞬き」back number

・最低音:mid2G#
・最高音:hiC

低音からはじまり、サビは一気に高音になります。

さらにこの曲の特徴は裏声の使い方にあります。地声と裏声を行ったり来たりするので、裏声の練習が集中的にできるでしょう。

こぶしやフォールなどのテクニックも使われているので、練習曲としてピッタリです。

「ここにしか咲かない花」コブクロ

・最低音:mid1C#
・最高音:hiA#

コブクロの特徴はのびやかで力強いハイトーンボイスです。
サビの高音は、パワフルに歌えるように練習しましょう。

高音練習、ロングトーン練習ができるおすすめ曲です。

さらに、この曲はブレス(息継ぎ)が難しいのが特徴です。サビの部分は高度なブレステクニックを練習できるでしょう。

「Pretender/Official」髭男dism

・最低音:mid1D#
・最高音:hiC

カラオケで大人気の曲ですが、歌いこなすのがとても難しい曲です。
まず、最高音がhiCということで非常に高いです。

しかも、高いキーを裏声と地声で切り替えながら出さなくはいけません。
さらに、その高音を力まず柔らかい声で出すことが要求されます。

マスターするのは大変ですが、カラオケで上手く歌えたら非常にかっこいいです。ぜひ挑戦してみましょう。

女性におすすめの練習曲

女性におすすめの練習曲

次に女性におすすめの女性アーティストの練習曲をご紹介したいと思います。
初心者向け、中級者向け、上級者向けに分けて見ていきましょう。

初心者向け

カラオケ初心者の女性の方は、まずキーが低めの曲から練習すると良いでしょう。
音程、リズム練習に集中できる曲がおすすめです。

また、男性の初心者向けの曲同様に、ただ簡単な曲ではなく、しっかり練習しやすいポイントがあることが大切です。

「糸」中島みゆき

・最低音:mid1F
・最高音:hiA#

多くのアーティストがカバーしている名曲です。

感動的なメロディなので難しそうに聞こえますが、音程の上下が激しくないメロディなので、歌いやすい曲です。音域もそれほど広くありません。

テンポがゆっくりしているので、しっかり音程を合わせることに集中して練習することができます。

「STORY」AI

・最低音:mid1D
・最高音:hiC

AIはキーが低めなので、高音に自信がない女性でも上手く歌い上げることができるでしょう。

集中的に低音の練習をしたいときにおすすめです。力強く響かせるような低音を出せるように、お腹から発声する練習をしましょう。

また、この曲は、淡々と歌っても魅力的にはなりません。AIさんのような豊かな表現力が出せるように練習しましょう。

「マリーゴールド」あいみょん

・最低音:mid1F#
・最高音:hiB

中低音が中心なので歌いやすい曲です。
メロディも、比較的わかりやすく勢いよく歌うことができます。

しかし、しゃくり、エッジボイス、フォールなどのテクニックが随所に散りばめられているので、表現力を練習したい人におすすめです。

「365日の飛行機」AKB48

・最低音:mid2B
・最高音:hiC

AKB48の曲はとにかく歌いやすいので、初心者におすすめです。
音程、リズムに自信がない人は、まずAKB48の曲を練習してみてください。

丁寧に歌うことを心掛ければ、音程もリズムもズレることはないでしょう。

また、この曲はメロディがとてもきれいなので、難しい曲を歌いこなせているように思われるメリットもあります。

「春よ、来い」松任谷由実

・最低音:mid1F
・最高音:mid2G#

キーが低いので、高音が苦手な女性におすすめの練習曲です。

サビはロングトーンが続きます。歌いやすいキーなので、初心者のロングトーン練習にピッタリです。

ただし、ただ音程とリズムだけを合わせて歌うと単調になってしまうので、抑揚などのテクニックも必要になります。

中級者向け

初心者向けの曲が楽に歌えるようになってきたら、少し難易度を上げてみましょう。
中級者向けの曲をご紹介します。

「フレンズ」レベッカ

・最低音:mid2B
・最高音:hiC

1985年にリリースされた名曲です。疾走感があるので歌いやすく、カラオケでも人気の高い曲です。
サビの部分は、キーが高く、さらに声を張って歌う必要があるので、高音練習に最適です。

さらに、この曲は強弱がわかりやすい曲です。抑揚の付け方を練習することもできます。
「どんなふうに抑揚をつければ良いかわからない」という人は、この曲で抑揚練習をしてみてください。

「三日月」綾香

・最低音:mid2B
・最高音:hiD

キーが高くメロディも難しい曲ですが、何より感情を込めることが要求される曲です。

音程やリズムに自信がついてきて、表現力を鍛えたいという中級者におすすめです。思い切り感情を込めて練習しましょう。

綾香さんの特徴でもあるファルセット(息が漏れた裏声)の練習ができる曲でもあります。

「First Love」宇多田ヒカル

・最低音:mid1E
・最高音:hiF

宇多田ヒカルさんの曲は基本的に難易度が高いです。でも、この曲は比較的歌いやすいのでぜひ挑戦してみてください。

音域は広いですが、メロディがそれほど複雑ではありません。

スローテンポなので、しっかり音程を合わせながら歌うことができるでしょう。

切ないメロディなので、感情が込めやすい曲でもあります。

「蝶々結び」Aimer

・最低音:mid2A
・最高音:hiD

高音の音域を広げる練習におすすめの曲です。
高いキーが続くところは難しいですが、Aimerの曲の中では比較的歌いやすいです。

Aimerの独特のハスキーボイスを真似することができれば、ワンランク上の歌い方ができるようになるでしょう。

「ボーイフレンド」aiko

・最低音:mid1E
・最高音:hiE

音程が上下する難しいメロディなので、音程を合わせにくい曲です。微妙に音程が上下する部分もあります。どんな音程も、ズレずに合わせる練習ができるでしょう。

Aikoらしい地声と裏声の切り替えも練習することができます。
サビはキーが高く、メロディも複雑なので、歌い込む必要があります。

上級者向け

最後に上級者向けの曲をご紹介します。
やはり、女性アーティストの難易度が高い曲は、キーがとても高いです。

「逢いたくていま」MISIA

・最低音:mid1F#
・最高音:hiD#

MISIAさんは、高いキーが出せるだけでなく、とてもパワーのある高音が魅力的です。
ロングトーン、ビブラートも多いです。

さらに、その高音を感情的に歌い上げます。

MISIAさんの圧倒的な歌唱力に近づけるように練習していきましょう。

ただ高温を出すだけでなく、その高音をコントロールするための練習ができます。

「愛を込めて花束を」Superfly

・最低音:mid1G
・最高音:hiF

Superflyの曲はとにかく高音が続きます。高音に自信がある女性でも、さらに高音を鍛えるためにおすすめの練習曲です。

ただ高音が使われているだけでなく、力強く、ソウルフルに歌い上げているのが特徴です。

多くのテクニックが求められる曲なので上級者向けでしょう。

「ロマンスの神様」広瀬香美

・最低音:mid1G
・最高音:hiF

上級者の高音練習にピッタリなのがこの曲です。

キーが高いだけでなく、高いキーのままロングトーン、さらにビブラートの部分も多いので、高音を極めえることができるでしょう。

勢いよく歌える曲のようですが、意外とメロディも複雑なので、音程練習になるでしょう。

「Jupitar」平原綾香

・最低音:mid1F
・最高音:hiF

2オクターブを出さなければいけない難易度の高い曲です。
低音、中音、高音を練習することができるでしょう。

さらに、この曲はファルセット(息が漏れた裏声)の練習にもおすすめ。平原綾香さんのようなファルセットを出すためには、腹式呼吸で息の量をコントロールする必要があります。

「もらい泣き」一青窈

・最低音:mid2A
・最高音:hiF

この曲は音程の上下が難しく、キーも高いです。
こぶしや裏声と地声の切り替わりなどのテクニックも練習することができます。

さらにこの曲の難しさは、感情の込め方です。淡々と歌っても魅力的な曲にはなりません。一青窈さんのような独特な世界観が出せるように練習しましょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回はカラオケ上達のためにすすめの練習曲を男女別でご紹介してきました。
せっかく練習するなら、上達しやすい練習曲を選びましょう。

選曲のポイントは、「あなたのレベルよりも少しだけ上の曲」「練習ポイントが明確な曲」「あなたの音域に合っている曲」です。さらに何度も練習したくなるような好きな曲を選ぶことも大切です。

初心者向けの曲から練習をはじめて、徐々に難易度を上げていきましょう。

今回ご紹介した曲は、カラオケ練習にピッタリなので、ぜひ参考にしてみてください。