カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

カラオケでボイスチェンジを使うコツ!意外と簡単なボイスチェンジ!

「ボイスチェンジが上手くできない」「ボイスチェンジができないから高音が上手く出せない」などと、ボイスチェンジについて悩んでいませんか?

ボイスチェンジは、地声から裏声に切り替わる部分のこと、もしくはその部分で上手く声を変える事という意味で使われます。

このボイスチェンジを理解して使えるようになると、高音が楽に出せるようになり、歌える曲も増えるでしょう。

今回は、ボイスチェンジを使うコツをご紹介していきたいと思います。

難しいと思われがちなボイスチェンジですが、意外と簡単にできる場合もあります。

ボイスチェンジが、カラオケ上達のヒントになるかもしれません。ぜひご参考にしてください。

ボイスチェンジとは?

ボイスチェンジとは?

ボイスチェンジとは、地声と裏声の境目のこと、もしくはその境目で上手く声質を変えることを意味します。

今回は「地声と裏声の境目で上手く声質を変えること」としてご説明していきたいと思います。

ボイスチェンジはどうして必要?

まず、ボイスチェンジの必要性について考えてみます。

ボイスチェンジが上手くできると、どうして歌が上手くなるのでしょうか。

声の裏返り対策

地声の低い声で「あ~」と出し、その音をなめらかに音程を上げてみてください。

おそらく途中で声が裏返るでしょう。

その裏返った部分が、地声から裏声に切り替わっている部分です。この部分を「換声点」と言います。

この換声点がボイスチェンジすべき部分ということです。

換声点でのボイスチェンジが上手くいかないと、声が裏返ってしまい調子はずれな声になってしまうのです。

それではどうしてこの声の裏返りは起きるのでしょうか。

それを知るためには、声の仕組みを考える必要があります。

声は、肺から送られてきた空気が、喉の中にある声帯をいう器官で変換されて声になります。

声帯とは2本のひだ状の靭帯で、空気が声帯を振動させることで声になるのです。

この声帯は周りの筋肉の力により伸縮します。

声帯がゆるんでいると低い声、伸びていると高い声が出る仕組みになっています。

地声のときは声帯を閉じる筋肉が主に働くため、息が漏れない力のある声になります。

一方裏声のときは声帯を引き延ばす筋肉が主に働いているので、息が漏れた弱い声になるのです。

この地声を出すための筋肉の働きと、裏声を出すための筋肉の働きのバランスが悪くなると声が裏返ってしまうのです。

ボイスチェンジは、この裏返り対策ができます。

裏返ることなく、低音から高音までのびやかな声を出すために、ボイスチェンジが必要なのです。

上手くボイスチェンジするためには?

地声と裏声を出すためには、それぞれ声帯の動き、使われる筋肉が異なります。

だから、地声(低い声)から裏声(高い声)を繋げて出そうとすると、筋肉の動きがスムーズに連動せずに裏返ってしまうのです。

この裏返る部分(喚声点)で上手くボイスチェンジすることができれば、声が裏返ることがなくなります。

ミックスボイスが効果的

そこで効果的なのがミックスボイスです。聞いたことがある言葉だと思います。

カラオケやボイストーレニングでよく使われるミックスボイスという言葉ですが、実は定義が曖昧です。

「地声と裏声の間を上手く出せるように歌うテクニックのこと」「地声と裏声の中間のこと」などが主な解釈です。

しかしどの定義においても、ミックスボイスを使えば、地声と裏声を上手く繋げることができるということは共通しています。

地声の要素も裏声の要素も持っているミックスボイスを出すと、地声を出すための筋肉も裏声を出すための筋肉も働くので、上手くボイスチェンジすることができるのです。

ミックスボイスのメリット

ミックスボイスのメリットは、裏返り対策だけではありません。

ミックスボイスは、地声のような強さを持ちながら、裏声のように高音を出せるという声質なので、高音をかっこよく出せるようになるメリットもあります。

弱々しい裏声ではなく、力強い高音を出したい人は、ぜひミックスボイスを習得しましょう。

また、ミックスボイスは楽に高音を出すことができるので、喉に負担をかける心配がないというメリットもあります。

ボイスチェンジする方法

ボイスチェンジする方法

ボイスチェンジは、地声から裏声に変わるときに声が裏返ることを防ぐために必要になります。そしてそのためにはミックスボイスが効果的です。

それは具体的にどうやってミックスボイスでボイスチェンジをしていけば良いのでしょうか。

ボイスチェンジ、ミックスボイスと専門用語が出てくると、とても難しそうに思いますが、実はそれほど難しく考える必要はありません。

地声と裏声を練習する

ボイスチェンジが上手くいかない場合、地声と裏声が上手く出せていない可能性があります。

地声と裏声を上手く繋げるためには、まず地声と裏声がしっかり出せるように練習しましょう。

地声練習

地声のコツは、話し声を歌声に変えることです。

地声を出そうとしても裏声のようになってしまう、力強い声が出ない人は、話し声のイメージを歌声にする練習が効果的です。

まず遠くの人に呼び掛けるように「お~い」と大きな声で呼んでみてください。

芯のある地声が出せると思います。

次にその「お~い」のイメージのまま、出しやすい音程で「あ~」と発声してください。力強い地声が出せるでしょう。

その感覚のまま、ドレドレドレやドレミファソファミレドで「あ~あ~あ~あ~あ~」と音階練習していきます。

単純な方法ですが、地声で歌う感覚が掴めるおすすめの方法です。

裏声練習

きれいな裏声を出すためのコツは、頭から声を出すイメージです。

喉やお腹から出すイメージだと地声に近くなったり、喉声になる恐れがあります。

頭から声を出すためには、鼻歌練習が効果的。

鼻歌で「ん~」と声を出してみてください。頭のてっぺんから声が抜ける感じがわかるでしょう。

次に「ん~あ~」と口を開けて発声してください。頭から抜ける感じのまま発声できれば裏声が上手く出ているでしょう。

このように鼻歌と発声を合わせて練習すると裏声が鍛えられます。

裏声の練習方法はこちらの記事で詳しくご紹介しています。ご参考にしてください。

関連記事

カラオケでうまく裏声が出せないと悩んでいませんか? 「裏声を出そうとすると調子はずれな声になる」 「弱々しい裏声になる」 「かすれたような裏声になる」 「裏声だと音程がずれやすくなる」 「そもそも裏声がわからな[…]

カラオケで裏声の出し方!裏声の効果的なトレーニングのコツ!

地声と裏声を繋ぐ練習をする

地声と裏声がきれいに出せるようになったら、繋げて発声していきましょう。

ピアノアプリを用意してください。

ピアノの真ん中の「ド」と1オクターブ上の「ド」を交互に引きながら、「あ~(ド)~あ(上のド)~あ(ド)」と発声しましょう。

男性の場合、ミックスボイスの音域は「mid2F」~「hiB」が一般的とされています。真ん中のドの4つ上の「ファ」から「シ」の音です。

真ん中の「ド」から1オクターブ上の「ド」まで音程を上げることで、その間にミックスボイスが出せるようになります。

はじめは途中で声が裏返ってしまうでしょう。もしくは地声と裏声がブツっと切れてしまうかもしれません。

その場合は以下のポイントをおさえながら練習してみてください。

高音で力を抜く

高音になると、自然と力が入りませんか?

高いキーを出そうとすると、どうしても力んでしまいます。

力を入れることで、無理やり高音が出せる場合もあるので「高音を出すためには、力を入れなくちゃ」という意識が働くのです。

でも、それは一時的に無理やり出せただけであり、正しい高音発声とは言えません。

高い音を出すときこそ、力を抜くことが非常に大切です。

この脱力こそ、ボイスチェンジを成功させる最大のコツと言えるでしょう。

「力を出したほうが高いキーが出る」という意識を捨てて、「高いキーほど力を抜く」という意識で練習してみてください。

スっと上手くミックスボイスが出せるようになるかもしれません。

息を強く吐きすぎない

地声と裏声を上手く繋げるためには、息の量も重要になります。

「地声は息の量を多く吐かないと出せない」と思って息の強い地声を出していたり、「高音ほど息を多く吐かないと出せない」と思って息の強い裏声を出そうとすると、ボイスチェンジは上手くいきません。

地声も裏声も息は吐きすぎないことがポイントです。

特に高音になるほど、柔らかくふわっと息を出すと上手く繋げることができます。

音を広げるイメージを持つ

地声から裏声に音程を上げるときに、声を広げるイメージで発声してみてください。

声を上下に出すのではなく、大きく広げるイメージです。

このイメージで、だいぶ地声と裏声のつながりがスムーズになるので、ぜひ試してみてください。

このような練習を繰り返すことで、地声と裏声の中間の声とされるミックスボイスが出しやすくなるでしょう。

そして、そのミックスボイスの効果により、地声と裏声のボイスチェンジが上手くいくのです。

ポイントである「高音で力を抜く」「息を吐きすぎない」「広げるイメージ」で練習することで、意外と簡単にできることもあります。

しかし、歌の基礎ができていない場合には、習得に時間がかかります。

カラオケで上手く歌うためには、練習を重ねることがとても大切です。すぐにマスターできなくてもコツコツ練習して頑張りましょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回は「ボイスチェンジ」について考えてきました。

高音を出そうとすると声が裏返ってしまったり、地声と裏声が上手くつながらない場合、ボイスチェンジがスムーズにできていない可能性があります。

地声と裏声の中間的存在であるミックスボイスを習得することができれば、ボイスチェンジが上手く使えるようになるでしょう。

ミックスボイスができるようになると、力強い高音が出せるようになるので、歌える曲の幅が広がります。

カラオケのテクニックを磨くために、ぜひボイスチェンジ、ミックスボイスの練習を頑張ってみてください。