カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

しゃくりでカラオケ採点が高得点に?しゃくりで点数を加点するコツ!

「しゃくりを出そうとしても、しゃくり加点にならない」ということはありませんか?
「しゃくりは高度な歌唱テクニックがないと出せないのでは?」と思っていませんか?

実はしゃくりは簡単なテクニックです。

カラオケ採点の表現力の加点は、抑揚、こぶし、しゃくり、フォールの4要素です。
その中で最も加点されやすいのが、しゃくりなのです。

カラオケ採点で高得点を取るためには、表現力の加点が重要になります。
採点システムで重視されるのは音程とリズムですが、さらに表現力加点がないと90点以上の点数を取ることは難しくなります。

逆に音程が多少ずれてしまっても、表現力の加点があれば高得点が期待できるという仕組みになっています。

つまり、高得点を目指すなら、表現力の中でも加点されやすいしゃくりがおすすめなのです。
今回は、しゃくりを使いこなして加点アップに繋げるコツをご紹介したいと思います。
しゃくりで高得点を目指しましょう。

しゃくりはコツがわかれば簡単にできる

しゃくりはコツがわかれば簡単にできる

カラオケ採点で高得点を取りたいなら、しゃくりで加点アップを狙うのがおすすめです。
なぜなら、しゃくりは意外と簡単にできるテクニックだからです。採点基準も比較的やさしいと言えます。

例えばビブラートは1秒以上であること、一定の揺れであること等の条件をクリアしないと加点対象になりません。

ところが、しゃくりはそのような条件がありません。
意識してしゃくりを出していなくても、しゃくりと採点されることもあるでしょう。
他の技術点に比べて点数を稼ぎやすいところがしゃくりのメリットなのです。

もし「しゃくりを出そうと思ってもしゃくり加点にならない」と悩んでいるなら、それはしゃくりをよく理解していないから、しゃくりを出すコツを知らないからです。
しゃくりはコツさえ掴めれば、本格的なボイトレをしていなくても加点に繋げることでできます。

さらに、しゃくりは個性的な歌い方になるというメリットもあります。しゃくりが入ると、それだけでかっこよく聞こえるのです。「カラオケが上手い人」と思われるようになるでしょう。
自分らしさを出したいけど上手く表現できない…という場合にも、しゃくりを出すことはおすすめです。

カラオケ採点のためのしゃくり練習法

カラオケ採点のためのしゃくり練習法

しゃくりは、習得しやすく、加点されやすいテクニックです。
しゃくりの加点を増やして高得点を狙いましょう。

次に具体的な練習法についてご説明していきます。

しゃくりとは?

しゃくりの練習法をご紹介する前に、まずしゃくりについてご説明したいと思います。
しゃくりとは本来の音程よりも敢えて少し下の音程から出して、本来の音程まで上げていくテクニックです。

半音下か、1音下の音から上げるのが一般的です。素早く、かつ滑らかに音を上げるのがポイントになります。

疑問形の語尾が上がるイメージと似ています。「えぇ?」と聞き返すときの感じです。
しゃくりを入れることで、ストレートではなく滑らかな雰囲気になります。個性的で深みのある曲にすることができるのです。しゃくりを入れずシンプルに歌うのも間違いではありませんが、しゃくりがさりげなく入ると上級者の歌い方になるでしょう。

B’zの稲葉浩志さんのしゃくりは個性的で非常にかっこいいです。しゃくりを上手く多用したいなら、稲葉浩志さんの歌い方を真似てみると良いでしょう。

「ultra soul」のサビの「夢じゃないあれもこれも」のはじめの「ゆ」の部分がわかりやすいしゃくりになっています。
ただ「ゆ~」と入るではなく「ゅ⤴ゆ~め~」と本来の「ゆ」の音程よりも少し下の音程の「ゅ」から入っています。

しゃくりを出すコツ

しゃくりのイメージが掴めてきましたか?
次にしゃくりを出すためのコツを見ていきましょう。

母音で「本来の音程」に合わせる

しゃくりは「本来の音から少し下の音」から「本来の音」に上げていくテクニックです。
このとき、母音で「本来の音」に合わせると滑らかなしゃくりになります。

具体的にご説明しましょう。
「ultra soul」の「夢じゃないあれもこれも」のフレーズの場合、「ゅ⤴ゆ~め~」というイメージです。

この「ゆ」の部分を母音の「う」と発声してみてください。
「ゅ⤴う~め~じゃない」と歌うと、しゃくりが出しやすくなります。
母音の部分にしゃくりを出す場合は、「本来の音から少し下の音」も「本来の音」も母音になります。

例えば「あなた」という歌詞の部分の「あ」にしゃくりを入れる場合、「ぁ⤴あ~な~た~」というイメージです。母音を2回繰り返して音の階段を作りましょう。

素早く音を上げる

カラオケ採点でしゃくりを入れる時には、できるだけ素早く音を上げることが大切です。
ゆっくり音を上げるしゃくりも間違いではありませんが、カラオケ採点では減点になる可能性があります。

しゃくりは敢えて音程バーよりも下げた音程から入ります。そのため、下げた音程を長く伸ばしてしまうと音程がずれたと判断されてしまうリスクがあるからです。

カラオケ採点では音程の点数が最も高いウエイトを占めています。
加点のためにしゃくりを入れたのに、逆に点数を下がったら意味がありません。
素早く音を上げると同時に、滑らかに上げることを意識すると聞きやすいしゃくりになります。

フレーズのはじめに入れる

しゃくりを入れる部分に決まりはありません。
「ultra soul」の「夢じゃないあれもこれも」のフレーズの場合、「ゆ」「め」「じゃ」の部分に続けてしゃくりを入れることもできます。「ゅ⤴う~め⤴え~じゃ⤴あ~ない~」となります。

しかし、スムーズにしゃくりを入れやすいのは、フレーズのはじめの部分です。
この場合は「ゆ」の部分になります。

カラオケ採点では、難易度が高いしゃくりも、難易度が低いしゃくりも、どれも1つのしゃくりとしてカウントされます。
加点を増やすためには、フレーズのはじめの難易度の低いしゃくりを多く使ったほうが賢い方法です。

採点システムで練習してコツを掴む

しゃくりは比較的むずかしい歌唱テクニックを必要としないので、習得しやすいです。
しかしながら、練習しなくても良いわけではありません。練習を重ねてコツを掴むことが必要です。

加点になるしゃくりテクニックを習得するためには、一人で練習するよりもカラオケ採点がおすすめです。

自分でしゃくりができていると思っても、採点システムの機械がしゃくりと判定しなければ加点にはなりません。加点されやすいしゃくりのコツを知る必要があるのです。

採点システムでは、しゃくりができるとしゃくりマークが表示されます。どのようにしゃくりを出すとしゃくりとして評価されるのか、リアルタイムで確認することができるので、コツが掴みやすくなります。

採点システムでしゃくりの練習をする時には、音程やリズムなどは無視して、しゃくりを出すことだけに集中します。そうすると、しゃくりが出しやすい部分、出しにくい部分を見つけることができるでしょう。

しゃくりの回数を増やせるように練習してください。はじめは数回しか出せない方でも、しゃくりのコツがわかれば、10回、20回を増やしていけるようになります。

15回~20回を目安にする

カラオケ採点システムでは、15回~20回のしゃくりを入れると高得点を狙えるというのが一般的です。まずは15回しゃくりを入れることを目標にしましょう。

しゃくりは入れれば入れるほど良いわけではありません。しゃくりが20回以上になっても、それほどメリットはないでしょう。20回でも30回でも得点はあまり変わらないのです。

逆にあまりたくさんのしゃくりを入れてしまうと、音程が安定せずに減点対象になりやすくなるので注意しましょう。

歌手のしゃくりの真似をする

歌手のしゃくりを真似することで、しゃくりのコツが掴みやすくなります。
頭で考えるよりも、聞いた音をそのまま再現するほうが得意な方は、この練習法が効果的です。
しゃくりの練習をするためにおすすめの曲をご紹介しましょう。

「桜坂」福山雅治

はじめの「ゆれるこもれび」の「ゆ」の部分がしゃくりになっています。
福山雅治さんの曲はしゃくりが多いのでおすすめです。スローテンポの曲で練習するとコツが掴みやすくなります。

「LA・LA・LA LOVE SONG」久保田利伸

はじめの「まわれまわれ」の「ま」の部分がしゃくりになっています。
アップテンポな曲なので少し難しいですが、かっこいいしゃくり、さりげないしゃくりを練習することができます。

「三日月」絢香

はじめの「ずっといっしょに」の「と」の部分がしゃくりになっています。
この曲は様々なしゃくりが入っているので練習用にピッタリです。真似して歌うことで、しゃくり加点を増やせるようになるでしょう。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回は、しゃくりで加点を増やす方法についてご紹介してきました。
しゃくりを多く入れることで、表現力の加点を増やし高得点に繋げやすくなります。

しゃくりは難しいと思うかもしれませんが、コツを知り練習すれば比較的簡単に出せるようになります。
カラオケ採点で高得点を目指すなら、表現力の中でも加点されやすいしゃくりをたくさん入れていきましょう。

今回ご紹介した練習方法を参考に練習し、カラオケ採点で歌ってみてください。しゃくりの加点がぐんと増える可能性があります。
また、しゃくりをコントロールできることで、点数向上だけでなく、ワンランク上の歌い方ができるようになるでしょう。