カラオケで上手く歌う方法や本気で歌が上手くなりたい人必見サイト!ビブラートやフォール、しゃくりの抑揚で点数加点のコツ。音痴を直すコツやかっこいいハモリの練習方法。更にbeeやシアー ミュージック、MyU、eys音楽教室のミュージックスクール一覧など。

ビブラートでカラオケ採点が高得点?ビブラートで点数を上げるコツ!

カラオケ採点で高得点を狙うためには、技術点が重要になります。音程とリズムが合っていれば90点までは取ることはできるでしょう。でも、さらに90点後半を取るためには、様々なテクニックを駆使する必要があります。

そのテクニックの一つがビブラートです。
「ビブラートって本格的なボイストレーニングをしないとできないのでは…」と諦めているかもしれません。ビブラートはプロの歌手ならではの高度なテクニックと思われがちです。
ところが、カラオケで加点するためのコツがわかれば、ビブラートを使いこなすことが可能です。

今回は、「点数が出やすいビブラートのタイプ」「種類別のビブラートの練習法」についてご紹介したいと思います。

ビブラートとは?

ビブラートとは?

ビブラートは、音を伸ばすフレーズで、声を一定に揺らすテクニックです。
一口にビブラートと言ってもいくつかの種類があります。

喉、顎、横隔膜を使うことで声に強弱をかけるビブラート。
さらに、音程を上下させて出すビブラートもあります。

ビブラートをかけえることで、曲にメリハリが出ます。
ビブラートの部分が強調されるので、曲全体に強弱を出すことができるのです。

ただ音を伸ばすよりも曲に表情が出るでしょう。
きれいなビブラートは、カラオケ点数を向上させるだけでなく、歌が上手に聞こえるという大きなメリットがあるのです。

ビブラートが魅力的なアーティストとしては、平井堅さん、西川貴教さん(T.M.Revolution)、宇多田ヒカルさん、浜崎あゆみさんが挙げられます。

加点のためのビブラートとは?

DAMのカラオケ採点システム「精密採点DX-G」の採点項目は、音程、表現力、安定性、ロングトーン、ビブラート、リズムの6つ。それぞれの合計で総合得点が決まります。

最もウエイトが高いのは音程ですが、それ以外の技術点も重要になるのです。
高得点を目指すために必要となるビブラートですが、点数が出にくいのも事実です。

ただ声が震えていればビブラートとして加点されるわけではないからです。
ビブラートとして高評価されるためには、音の揺れ幅、揺れる間隔が一定であり、音が途切れず安定している必要があります。美しいビブラートでないと評価されないのです。

また、ビブラートは1秒以上でなければいけません。きれいなビブラートであっても1秒未満であれば加点対象になりません。
このような理由から、ビブラートの加点は難しいとされているのです。

しかしながら、ちょっとしたコツを掴むことで、ビブラートの点数を増やすことができます。
そのコツとは、「点数が出やすいビブラートの種類」「タイプ別のビブラートの練習法」を知ることです。

点数が出やすいビブラートの種類とは?

点数が出やすいビブラートの種類とは?
(画像出典:DAM★とも)

一口にビブラートと言っても、いくつかのタイプに分かれています。
点数が出やすいビブラート、出にくいビブラートがあるのです。

揺れが小さいビブラートは不安定になりやすいため得点になりにくいです。揺れが大きいビブラートのほうが安定しやすいので得点に繋がる傾向にあります。
点数が出やすいタイプのビブラートを理解し練習することで、点数アップに繋げることができるでしょう。

カラオケDAMは、ビブラートのタイプをこのように設定しています。

DAMのカラオケ採点システム「精密採点DX-G」では、ビブラートの上手さ点数だけでなく自分のビブラートタイプが表示されるようになっています。

それぞれのビブラートタイプについて見ていきましょう。
A~Cは、ビブラートとして加点対象になるビブラートタイプです。

ボックス型A

ちりめんビブラートと呼ばれるビブラートで、小刻みに揺らすのが特徴です。
スローテンポの曲より、アップテンポの曲に使いやすいビブラートでもあります。

揺れ幅が小さいと「A-1」、普通が「A-2」、大きいと「A-3」となります。
同じ長さのビブラートをする場合、ゆったり揺れるビブラートよりも、小刻みに揺れるビブラートのほうが振動回数は増えるため、全ての揺れを安定させるのが難しくなります。

「A-1」のビブラートは、揺れる周期が速い上に揺れ幅も小さくなります。だからきれいな揺れを作ることが非常に難しいです。

採点システムにおけるビブラートの評価は「揺れのきれいさ」にあります。
ボックス型Aは点数が出にくいタイプのビブラートと言えるでしょう。

ボックス型B

揺れる周期が速くもなく遅くもない、標準的なビブラートです。
アップテンポの曲にもスローテンポの曲にも多用されています。

揺れ幅が小さいと「B-1」、普通が「B-2」、大きいと「B-3」となります。

ボックス型C

大きくゆったり揺らすビブラートです。
演歌やスローテンポの曲に使われることが多いです。

揺れ幅が小さいと「C-1」、普通が「C-2」、大きいと「C-3」となります。
ゆれる周期がゆったりで、かつ揺れ幅が大きい「C-3」は最もきれいな揺れになりやすいと言えます。

D~Hはビブラートとして得点になりにくいビブラートタイプです。これらのビブラートは「きれいなビブラートではない」と判断されることになります。

上昇型D

音程が上昇するビブラートです。

下降型E

音程が下降するビブラートです。

縮小型F

音が揺れる幅が小さくなっていくビブラートです。

拡張型G

音の揺れ幅が、大きくなっていくビブラートです。

ひし型H

音の揺れ幅が、「大きい」から「小さい」に変化していくビブラートです。

カラオケ採点においてビブラートとして高評価されるためには、音の揺れ幅、揺れる間隔が一定できれいなビブラートでなければいけません。
安定してきれいなビブラート出しやすいのは「B-2」「B-3」「C-2」「C-3」ということになります。

アップテンポの曲では「B-2」「B-3」、スローテンポの曲では「C-2」「C-3」とコントロールできればなお良いでしょう。
揺れが小さいボックス型Aタイプは点数が出にくいので、点数アップのためにはおすすめできません。

また、D~Hのビブラートタイプが表示された場合は、評価対象になるビブラートができるように改善していきましょう。

種類別のビブラートの練習法とは?

種類別のビブラートの練習法とは?

ビブラートにはいくつかのタイプがあること、そしてゆっくりで揺れ幅が大きいタイプのビブラートが最も評価対象になりやすいことがおわかりいただけたと思います。

次にご紹介するのはビブラートの練習法です。

ポイントは、ビブラートの出し方には3種類あるということです。
難易度が高い出し方、比較的簡単な出し方があるので、自分に合った練習方法を見つけてください。

喉を使ったビブラート

初心者に練習しやすいとされているビブラートです。
小刻みなビブラートになりやすく、大きい波長のビブラートを出すことはできません。震えるように聞こえてしまうというデメリットもあります。

しかし、アップテンポの曲などに使うときには効果的なビブラートの出し方と言えます。
宇多田ヒカルさんは、この喉のビブラートを上手く使っています。

練習方法

喉の筋肉である輪状甲状筋を使って音を上下させます。
まず1つの音を伸ばし、母音を強調するように意識してください。

「ら~」ではなく「ら~あ~あ~あ~」と「あ」を強調しましょう。
次に「あ」の音程を「あ⤴あ⤵あ⤴あ⤵」と上下に揺らしていきます。救急車のサイレンの音をイメージするとわかりやすいでしょう。

はじめはゆっくり上下します。1つ1つの「あ」の音程を確認しながらきれいに上下できるようにします。

次に徐々にスピードを上げていき、声が揺れるようにしていきます。
これでビブラートの感覚が掴めていくでしょう。
母音を強調するときに、1つ1つの母音が弱かったり強かったりするときれいなビブラートになりません。一定の強さとリズムで揺らせるように意識しましょう。

顎を使ったビブラート

演歌歌手が使うことが多いビブラートです。
顎の動きと口の開閉によって息の量を調節しながら音の強弱をつけていきます。

ちょっと恥ずかしいというデメリットはありますが、コツを掴めば比較的簡単に出すことができるのでおすすめです。

練習法

まず「お~」と声を伸ばしましょう。この時、顎と口の力を抜くのがポイントです。
次に「お~う~お~う~」と発声できるように口を開閉していきましょう。

「お」のときは口を開けて、「う」のときは口を閉じます。
喉のビブラート同様に、はじめはゆっくり、徐々にスピードを上げていきます。声が滑らかに揺れるように練習していきましょう。

横隔膜を使ったビブラート

最も高い技術を必要とする難易度が高いビブラートです。しかし、安定してきれいなビブラートになるのが特徴です。
普段、横隔膜の動きを意識したことはないかもしれません。

みぞおちに手をあてて咳をしてみてください。そのとき動く部分が横隔膜です。
この横隔膜を使って音を揺らしていくのです。
平井堅さん、森山直太朗さんは、横隔膜を使った伸びやかなビブラートを出しています。

練習法

ドッグブレスで練習すると効果的です。
ドッグブレスとは「はっはっはっはっ」と犬の呼吸を真似る練習法です。これにより横隔膜の使い方がわかりやすくなります。

「はっ」と息を吐いた時のお腹の動きを確認しながら繰り返しましょう。
次に「はっはっはっはっ」という呼吸から、「あっあっあっあっ」と「あ」の声に変えていきます。

「あ」に変わっても、お腹の動きは「は」の時と同じように使うことがポイントです。
さらに途切れることなく「あぁ、あぁ、あぁ、あぁ」と声に強弱をつけ、さらに「あぁあぁあぁあぁ」と滑らかに声を揺らすようにしていきます。

ビブラートの練習におすすめ曲

ビブラートの練習におすすめ曲

「点数が出やすいビブラートのタイプ」「種類別のビブラートの練習法」についてご説明してきました。

それでは、実際にカラオケで歌う時にどの部分でビブラートを出せばよいのでしょうか。
ビブラートは音を伸ばす部分や盛り上がる部分に多く使われます。でも、あまりにも多くのビブラートを入れてしまうとくどい歌い方になってしまいます。音程がずれやすくなり、カラオケ点数を下げてしまう恐れもあります。

ビブラートは歌のセンスが問われるものなのです。
そのセンスを磨くためには、プロのビブラートをお手本にして練習するのが良いでしょう。

「First Love」宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんは、小刻みに揺れる「ちりめんビブラート」が上手いことで有名です。喉ビブラートは、横隔膜のようにきれいなビブラートにならないと言われることもあります。

でも宇多田ヒカルさんのビブラートを聞くと、「ちりめんビブラート」も悪くないビブラートであることがわかるでしょう。

この曲には宇多田ヒカルさんらしいビブラートが多く使われています。

「さくら」森山直太朗

スローテンポな曲で、一つ一つの音も丁寧に伸ばしているので、ビブラートを練習するためにピッタリの曲です。

森山直太朗さんのビブラートをそのまま真似ているうちに、ビブラートを入れるべき部分がわかってくるでしょう。

「瞳を閉じて」平井堅

平井堅さんの曲はビブラートが多用されているので非常に勉強になります。多くのビブラートを出すことができるので得点アップに繋がりやすいです。

感情の込め方も一緒に練習することができるでしょう。

「川の流れのように」美空ひばり

「これぞ、ビブラート」というビブラートが何度も使われています。
「それもまた人生」の「い~」の部分は非常にわかりやすいビブラートです。
気持ちよくビブラートの練習ができるのでおすすめです。

本気でカラオケが上手くなりたい人必見
カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。

少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。

当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より]

関連記事

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開! 友人や同僚とカラオケに行った時、歌が上手い人はとても魅力的です。恋人同士でカラオケに行く場合は、歌が上手いとさらに素敵に見えてくるでしょう。逆にかっこいい男性、きれいな女性でも、歌があまり上手[…]

カラオケで上手く歌う方法やコツ公開

まとめ

今回は、カラオケ採点の点数アップに欠かせないビブラートについてご説明してきました。
ビブラートの点数はとても重要です。難しいテクニックだからと諦めずにぜひ練習してみてください。

「加点されやすいビブラートのタイプ」「種類別のビブラートの練習法」を知った上で練習すると、加点されやすいビブラートのコツが掴めてくるはずです。
ビブラートが使いこなせるようになると、点数向上だけでなく、歌そのもののレベルがアップするでしょう。